Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東芝と松屋、ICTソリューションを適用した百貨店づくりの共同プロジェクトを開始

2015年07月15日

東芝が開発したバーチャル試着システム

株式会社 東芝
株式会社 松屋

 株式会社東芝(以下、東芝)と株式会社松屋(以下、松屋)は、東芝のICTソリューションを適用した百貨店づくり進める共同プロジェクトを7月22日から松屋銀座において開始します。共同プロジェクトでは、浴衣のバーチャルフィッティングや、中国語と日本語の同時通訳システムによるご案内サービスなどを実施する予定です。

 浴衣のバーチャルフィッティングでは、東芝が開発したバーチャル試着システムで好みの浴衣の写真を利用者が選択すると、その浴衣を着用した自身の姿が画面上に表示され、簡単にさまざまな浴衣を試すことができます。バーチャルフィッティングで選択した浴衣は、松屋銀座1階の「GINZAゆかたステーション」で購入できます。また、バーチャルフィッティングをした際に発行されるクーポンを持参し、「GINZAゆかたステーション」にて税込2,000円以上の商品を購入した方への特典として、「日本橋千疋屋総本店 フルートジェリー」を差し上げます。

 同時通訳システムによるご案内サービスは、外国人旅行客をターゲットに8月中旬から9月中旬まで松屋銀座2階インターナショナルブティックの複数店舗にて実施します。本サービスでは、東芝が開発中の中国語と日本語を同時に通訳するシステムを使用することで、来店者と店員の会話をリアルタイムにタブレットの画面上に表示し、来店者と店員のコミュニケーションをサポートします。東芝は、開発中の本システムの運用を通じ、本システムの通訳精度や信頼性の向上を図ります。

 今後、東芝と松屋は、松屋創立150周年にあたる2019年、東京オリンピックが開催される2020年に向け、東芝のICTソリューションと松屋の銀座を中心とした流行発信力を組み合わせ、顧客に感動を提供する百貨店づくりへの取り組みを展開していきます。

バーチャルフィッティングの概要

実施期間

7月22日(水)から8月8日(土)まで

場所

松屋銀座 3階婦人靴横特設コーナー/屋上ソラトニワGINZA特設コーナー

同時通訳システムによるご案内サービスの概要

実施期間

8月中旬から9月中旬まで

実施店舗

松屋銀座 2階インターナショナルブティック内
アニヤ・ハインドマーチ/3.1 フィリップ リム/ジミー チュウ/ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン/マルニ

同時通訳システムの画面イメージ

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。