Japan

ニュース&トピックス

「第6回Make a CHANGE Day アワード」 優秀賞の受賞について

2015年07月06日

 

表彰式の様子 北米で実施した靴を寄贈する活動の様子

Make a CHANGE Day実行委員会の鈴木実行委員長(左)と当社の大森CSR推進室長(右)

北米で実施した靴を寄贈する活動の様子


 当社グループの「東芝グループ社会貢献一斉アクション」は、Make a CHANGE Day実行員会注1がボランティア・市民活動に対して表彰する「第6回Make a CHANGE Dayアワード」の優秀賞を受賞し、7月4日に表彰式が行われました。

 本賞は、NPO、市民、大学、企業等のメンバーから構成されるMake a CHANGE Day実行委員会が、2014年10月1日から2015年3月11日までの期間に行われたボランティア・市民活動の中から、優秀な事例を選定し、表彰するものです。

 今回受賞した「東芝グループ社会貢献一斉アクション」は、国連の定める国際ボランティアデーである2014年12月5日に行った活動で、東芝グループ従業員約20万人が同日一斉に社会貢献活動に取り組もうという活動のコンセプトを評価いただきました。世界を少しでも良くするために、「ひとりではできない大きな力を発揮しよう」という思いで、当社の世界各地の拠点・個人が一斉に社会貢献活動を行ってきました。例えば、北米東芝グループ9社で行った靴の寄贈、中国東芝グループ30社で行った小学校への本・文房具、椅子などの寄付があります。

靴の寄贈(北米東芝グループ会社9社)
寄付用の収集箱を職場に準備して、子ども及び成人の靴、約5000足を取集しました。
収集した靴は、ハイチ、モルドバ、ガーナ、ベリーズを含む30か国以上の国々に寄贈します。

山西省天鎮県にある東芝希望小学校への寄付(中国東芝グループ会社30社)
中国東芝グループ30社の従業員より合計27,059元の寄付金及び、本・文房具を集い、山西省天鎮県にある東芝希望小学校に、椅子/机118セット、ストーブと石炭15.3トンを寄贈しました。

「東芝グループ社会貢献一斉アクション」についての詳細は、以下のURLをご覧ください。
東芝グループ社会貢献一斉アクション ホームページ :http://www.toshiba.co.jp/social/jp/action/repo2014/index_j.htm

 当社グループは、良き企業市民として、グループスローガン「人と、地球の、明日のために。」の下で、今後も積極的に社会貢献活動に取り組んでまいります。

注1
Make a CHANGE Day 実行委員会は、特定非営利活動法人 愛・地球博ボランティアセンター、特定非営利活動法人 愛知ネット、特定非営利活動法人 ボランティア活動推進協議会日本(IAVE)で構成されています。
Make a CHANGE Day アワードおよび活動の詳細は、「Make a CHANGE Day」のホームページで公開されています。
Make a CHANGE Day ホームページ : http://makeachangeday.com/