Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

生体センサを活用した建設作業員の健康管理に関する実証実験を開始

建設現場の安全性向上のために作業員の健康管理システムの構築を目指す
2015年08月25日

株式会社東芝
清水建設株式会社

 

 

実証実験で使用する生体センサ「Silmee W20」

 株式会社東芝(以下、東芝)と清水建設株式会社(以下、清水建設)は、建設作業員一人ひとりの健康管理とともに現場の安全性の向上を目指し、東芝のリストバンド型生体センサ注1を活用し、清水建設の三重県四日市市の建設現場に従事する70人の作業員の体調を24時間見守る実証実験を本日から2016年8月24日までの1年間実施します。

 実証実験では、対象者はリストバンド型生体センサを24時間装着し、出勤時に前日までの睡眠、食事、活動量などのライフログデータをスマートフォンから確認し、個々人で体調を客観的に把握します。リストバンド型生体センサは2週間充電不要で連続使用可能なため、腕に装着しているだけで簡単に連続した日々のライフログデータを計測できます。また、東芝は清水建設と協力して、その日の体調に合わせた作業量の負荷調整などが行えるように個人のライフログデータを現場管理者のタブレットや職場のPCなどに収集し、管理・閲覧できるシステムを開発します。

 建設現場では夏の屋外作業現場に従事する作業員の健康管理が課題となっています。清水建設では作業員が身につけている計測器で作業現場の温度、湿度を継続的に測定できる熱中症危険度計測技術をすでに導入し、作業環境の改善に活用しています。今回、リストバンド型生体センサを付加することにより、ライフログデータから作業員個人の日々の健康管理が可能になり、職場の安全性向上に寄与できるものと期待しています。

 東芝は、生体センサ「SilmeeTM」シリーズによって日常生活から収集できる様々なライフログデータを収集・解析し、健康増進、安全性向上、病気予防などへの幅広い活用を目指しています。

 清水建設は、作業環境の改善とともに、作業員個々人の状況をセンサとICTを用いてリアルタイムに把握し管理することによって、ハード・ソフト両面でのきめ細かい対策を推進し、安全性および品質、生産性の向上を目指します。

注1
「ActibandTM」、もしくは「SilmeeTM W20」を使用。
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。