Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

鈴鹿サーキットのEVゴーカート向けにリチウムイオン二次電池「SCiB™」を受注

2015年09月28日
EVゴーカートの写真
SCiBTMを搭載したEVゴーカート

 当社は、本田技研工業株式会社(以下、ホンダ)の子会社である株式会社モビリティランドから、鈴鹿サーキットの新アトラクション「サーキットチャレンジャー」で走行するEVゴーカート全70台に搭載するリチウムイオン二次電池「SCiBTM」を受注しました。

 鈴鹿サーキットの「サーキットチャレンジャー」は、F1日本グランプリや鈴鹿8耐などで使われる国際レーシグコース東コースをゴーカートで運転するアトラクションです。2016年3月19日に従来のガソリン車ではなく当社のリチウムイオン二次電池「SCiBTM」を搭載した最先端のEV車を使用したアトラクションとして新登場します。 

 「サーキットチャレンジャー」のEVゴーカートは、1周約2.2kmのコースを1日最大40周以上走行する予定で、搭載される蓄電池には高い耐久性と急速充放電が求められます。「SCiBTM」は、ホンダの電気自動車「フィットEV」や電動バイク「EV-neo」への搭載実績があり、その高い耐久性と急速充電性能が高く評価され、今回、受注にいたりました。

 当社のリチウムイオン二次電池「SCiBTM」は、約1万回以上の充放電が可能な長寿命、高い安全性、低温動作等の優れた特性を有しています。当社は、その優れた特性を活かし、今後も電気自動車や家庭用・産業用の蓄電池、大型の電力貯蔵システム向けなど様々な用途向けに「SCiBTM」事業を積極的に展開していきます。

受注の概要

導入車体数

70台

電池納入数

280モジュール、6720セル

電池定格

1モジュールの公称容量40Ah、公称電圧27.6V

1回の充電での走行可能距離

33km(15~16周)

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。