Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

車載向け画像認識用プロセッサ「ViscontiTM2」がデンソーの前方監視カメラシステムに採用

2015年10月06日

 当社の画像認識プロセッサ「Visconti2(TMPV7506XBG)」が、株式会社デンソー(以下、デンソー)の車載用前方監視カメラシステム向けに採用されました。なお、本システムを搭載した車両は、今秋から市場に展開されます。

 今回採用された「Visconti2」は、カメラからの入力映像を処理し、自動車前方の車線、車両、歩行者、標識などを認識する画像認識プロセッサです。当社独自の画像処理アクセラレータにより、複数のアプリケーションの同時・並列処理と低消費電力動作を実現したことが評価され、採用されました。

 当社は、「Visconti2」の後続製品として、画像処理性能を高める浮動小数点演算ユニット付き「ARM® Cortex®-A9 MP Core」を搭載した「Visconti3 (TMPV7528XBG)」および、独自開発の認識装置により、夜間の歩行者認識などの認識性能において昼間と同等レベルを可能にした「Visconti4(TMPV7608XBG)」を製品化しています。

 車載向け半導体市場では、より安全で快適な車社会の実現に向け、先進運転支援システムの重要性がより高まるとともに、将来的には自動運転のニーズが高まっていくことが見込まれています。当社は、今後、自動車の安全性能に関するアセスメントプログラムである「NCAP(New Car Assessment Programme)」に対応し、車両走行の安全を追求する半導体製品を提案していきます。

*
Viscontiは株式会社東芝の商標です。
*
ARMおよびCortexは、ARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。

画像認識のイメージ

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。