Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

オーマット社との地熱発電事業における戦略的協業契約の締結について

2015年10月15日

 当社は、地熱発電機器製造や発電事業を手掛ける米国のオーマット・テクノロジーズ社(以下、オーマット社)と、地熱発電事業のさらなる拡大に向けて戦略的な協業関係を構築することに合意し、このたび契約を締結しました。本契約に基づき、両社は、資源評価やフィールド開発、地熱発電所の設計・調達・建設・エンジニアリングなど地熱発電事業に関するサービスの競争力向上を目指し検討を進めていきます。

 オーマット社は、地熱発電設備の設計、製造、販売、現地施工などを提供するとともに、地熱発電事業者として世界各地で発電事業を行う企業です。なかでも、比較的低温の温水を熱源として特殊な作動流体を利用するバイナリー式の発電機器・システムの販売においては、世界トップシェア注1を占めています。また、地中から噴出する温水・蒸気を直接利用するフラッシュ式とバイナリー式を組み合わせた高効率なコンバインド型地熱発電システムを世界で唯一提供しています。

 当社は、1966年に日本国内初となる岩手県松川地熱発電所に地熱蒸気タービン・発電機を納入して以来、フラッシュ方式を中心として、世界各国に52台、約3,400メガワットの発電設備を納入し、地熱発電設備容量ベースで、世界トップの26%注2のシェアを占めています。

 今回、オーマット社の地熱IPP注3の開発力、EPC・バイナリー発電機器に関する技術力、グローバルな販売網と、当社の過去50年にわたるフラッシュ方式の発電設備に関する技術力、ノウハウを組み合わせることで、高効率なコンバインド型地熱発電システムの提案を中心に、地熱資源の特性に応じて最適な設備の提案を通じて他社との差別化を図り、さらなる市場の拡大を目指します。

 当社は、今後も世界各地で受注活動を展開し、地熱発電、風力発電、水力発電、太陽光発電など多様な再生可能エネルギーの安定供給に取り組んでいきます。

注1
Platts World Electric Power Plants Database(2015年6月)
注2
Bloomberg New Energy Finance (2015年7月)
注3
独立系発電事業者 Independent Power Producerの略

 

右:オーマット社 最高経営責任者 Isaac Angel(アイザック・エンジェル)氏
左:東芝 電力システム社 社長 油谷 好浩                 

 


 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。