Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ウェスチングハウス社がCB&Iから建設子会社を取得

2015年10月28日

  当社のグループ会社であるウェスチングハウス社(以下、WEC)は、米国大手エンジニアリング会社CB&I※1との間で、同社の子会社で、原子力の建設と統合的なサービスを担うCB&Iストーン・アンド・ウェブスター社(以下、S&W)を取得することに合意しました。WECは2015年末までにS&Wを完全子会社化する予定です。

 WECは、現在米国と中国で建設中の8基のAP1000™プロジェクトを、S&Wをコンソーシアムパートナーとして推進してきました。米国では、サザン電力のボーグル発電所と、スキャナ電力のV.Cサマー発電所向けの2つのプロジェクトを推進しており、それぞれ2基ずつ建設工事が進められています。今回のS&Wの取得により、S&Wが担っていたこれら2つのプロジェクトの建設工事は、今後WECの子会社としてS&Wが進めることになります。

 WECは、S&Wを取得することで、米国プロジェクト全体の一元管理・遂行が行える推進体制を構築します。

 また、WECは、S&W取得のタイミングに合わせ、サザン電力、スキャナ電力と、米国のプロジェクトに関し現在訴訟となっているものも含め、全ての未解決のクレームと係争について和解をすることに合意しました。また、価格とスケジュールを見直すことにも合意しました。WECは今後も両オーナーとの協力関係を継続し、米国のAP1000™プロジェクトの建設工事を進めます。

 合わせて、WECは、米国で進めている2つのプロジェクトの建設工事に関し、米国エンジニアリング会社フルアー社によるWECのサポートについて交渉しています。フルアー社はWECの下請けとして現地工事を行い、S&Wの建設作業者は今後フルアー社に移管されることになります。

 S&Wの取得は、新規建設プロジェクトの推進に加え、WECの原子力事業の拡大にも貢献します。S&Wが展開する原子炉廃止措置に関するサービス、プロジェクトマネジメント、環境サービス、また新たに取り組む政府向けサービス事業などを、今後WECの子会社として担うことで、WECのさらなる成長に繋がります。

 WECは世界で多数の原子力発電所の建設実績があり、また、世界最大の原子力燃料メーカーです。WECのPWR技術は、世界で運転中の原子力発電所のおよそ50%で採用されています。今回のS&Wの取得による事業の拡大により、WECは世界における原子力事業でのリーダの地位をさらに強固なものにしていきます。

※1
CB&Iは米国大手エンジニアリング会社ショー・グループを2013年2月に買収しS&Wの親会社となりました。
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。