Japan

ニュース&トピックス

3か国語を話すアンドロイド「地平ジュンこ」の観光案内所を12月17日に開設

臨海副都心・アクアシティお台場よりマゴコロこめてご案内
2015年12月09日

(株)東芝
三菱地所リテールマネジメント(株)
港湾局

 平成27年12月17日、臨海副都心の「アクアシティお台場」に、コミュニケーションアンドロイドがサービスを行う世界初注1の観光案内所がオープンいたします。

 設置するアンドロイドは、株式会社東芝が開発した「地平(ちひら)ジュンこ」。産学連携注2により実現した人間らしい容姿と自然な腕や手の動きに加え、東芝独自の音声合成技術を用いて日本語・英語・中国語の3か国語を流暢に話します。

 観光案内所に設置してある3言語対応の入力端末を操作すると「地平ジュンこ」が身振り手振りしながら案内をしてくれます。

 アンドロイドが常設される観光案内所は、世界でもここだけ。臨海副都心にお越しの際には是非、日本の誇る最先端技術を体験してみてください。

仮設置時の写真
「地平ジュンこ」の写真
ハロウィン仮装した地平ジュンこ(10月23日先行公開時撮影)

1 開設日時

 平成27年12月17日(木)11時

2 開設場所

 アクアシティお台場(港区台場1-7-1)3階
 ゆりかもめ台場駅側「ウエストゲート」入口すぐ
 ※ ゆりかもめ「台場」駅から徒歩1分 またはりんかい線「東京テレポート駅」から徒歩6分

3 営業日時

 毎日、11時から21時まで注3
 ※ ただし、平成27年12月22日(火)は都合により当観光案内所の営業を休止します。
 ※ その他、アクアシティお台場の休館日はご利用いただけません。

4 観光案内所でのサービス内容

(1)観光情報等の提供
 観光案内所に設置してある入力端末から、言語(日本語・英語・中国語)と、聞きたい情報を選択する と、指定した言語で「地平ジュンこ」がご案内をします。
 入力端末は、画像を空中に浮かび上がらせる先進技術注4による「空中ディスプレイ」を採用しています。

 提供する情報 : アクアシティお台場の館内・各店舗案内、臨海副都心の観光案内、施設・交通案内、都内・国内の主要観光地案内 ほか

空中ディスプレイ(イメージ)
空中ディスプレイ(イメージ)

(2)エンターテインメント演出
 観光案内所に設置した東芝製の手のひらサイズのロボット「ApriPetit(アプリプチ)」と、「地平ジュンこ」が連動し、1日3回程度、歌などのエンターテインメントを披露注3します。

ApriPetitの写真
ApriPetit

(3)広告宣伝等
 「地平ジュンこ」が観光情報の提供の合間に、店舗の広告宣伝や、イベントの紹介などをします。

5 備 考

 この事業は、臨海副都心のMICE・国際観光拠点化のため東京都港湾局が創設した補助制度「東京都臨海副都心おもてなし促進事業」を株式会社東芝が活用し、実施されているものです。
 (事業選定について平成27年9月16日東京都報道発表済)

 本件は「東京都長期ビジョン」において以下の都市戦略・政策指針に位置付けられ、重点的に実施する事業です。

     都市戦略 6 「世界をリードするグローバル都市の実現」
     政策指針16「都心等の機能強化による東京の都市力の更なる向上」

注1
利用者からの質問に対し音声案内を行うアンドロイド(人間型ロボット)の観光案内所への常設は「世界初」(株式会社東芝調べ)。
注2
株式会社エーラボ、大阪大学、ATR、湘南工科大学、芝浦工業大学の協力による。
注3
エンターテインメント演出やサービス一時休止などの情報は、東芝公式facebookにて発信しています。
注4
株式会社アスカネットの「AI(エアリアルイメージング)プレート」による空中結像技術を使用。