Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

インドネシアの超々臨界石炭火力発電所向けに蒸気タービンおよび発電機を受注

2016年04月11日

 当社は、インドネシア電力公社(以下、PLN)がジャワ島バンテン州で進めるロンタール拡張石炭火力発電所プロジェクト向けに、EPC注1契約を結んだコンソーシアム注2のリーダーである住友商事株式会社から、超々臨界圧方式の蒸気タービンおよび発電機を受注しました。2018年1月から順次機器を納入し、本拡張発電所は、2019年に営業運転が開始されます。

 今回納入するのは、ロンタール石炭火力発電所の総発電容量を現在の945MW(メガワット)から1,260MWまで増強する拡張プロジェクト向けのものです。当社は、同発電所の既設の発電設備よりも高効率な超々臨界圧方式の315MWの蒸気タービンと発電機を供給します。本拡張発電所は、既設の送電設備を利用するため、既定の送電容量の中で発電設備を高効率にすることが求められていました。当社は、大型の蒸気タービンで培ってきた技術を中小型に応用することで顧客のニーズに応える提案をすることができ、今回の受注に至りました。

 インドネシアでは、経済成長による電力需要の拡大から、発電所の建設が数多く計画されており、本プロジェクトもそのうちのひとつと位置づけられています。当社は、タンジュン・ジャティB石炭火力発電所や、チレボン石炭火力発電所など、インドネシアにおいて多くの受注実績があり、同国の安定的な電力供給に貢献しています。

 当社は今後も、高効率な火力発電所の建設プロジェクトに積極的に参画し、発電機器事業をグローバルに展開していきます。

注1
EPC(Engineering Procurement and Construction):設計(Engineering)、調達(Procurement)、据付工事(Construction)
注2
コンソーシアムを構成するのは、住友商事株式会社、アメリカのエンジニアリング会社Black & Veatch International Companyおよびインドネシア土木会社PT. Satyamitra Surya Perkasaの3社です。

受注概要

プロジェクト名 ロンタール拡張石炭火力発電所プロジェクト
所在地 インドネシアジャワ島バンテン州 ロンタール
受注設備 315MW超々臨界石炭火力発電所向け蒸気タービンおよび発電機

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。