Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

米国大手エンジニアリング会社CB&Iとの原子力発電所建設に関する協力関係の解消について

米国サウス・テキサス・プロジェクトにおけるプロジェクト体制を変更
2016年05月11日

 当社はこのたび、米国大手エンジニアリング会社CB&Iと締結していた、米国サウス・テキサス・プロジェクト(STP)3、4号機におけるEPC注1契約およびABWR注2原子力発電所の海外建設協力等の一連の契約について、契約解除をすることをCB&Iと合意しました。
 本合意に伴い、CB&IはEPC契約者としてSTPから撤退するとともに、STPおよびABWR事業開発会社ニュークリア・イノベーション・ノース・アメリカ社(NINA社)に対し保持している債権を放棄します。これにより、NINA社の債務が減額され、STPへの投資環境が改善されます。

 当社は2010年11月に、米国大手エンジニアリング会社ショー・グループ注3(以下、ショー、現CB&Iの傘下会社)と、当社が海外で受注するABWR原子力発電所の建設関連作業について包括的に協力することに合意し、ショーと当社の米国子会社である東芝アメリカ・ニュークリア・エナジーとのコンソーシアム契約に基づきSTPを共同で推進していました。また、当該契約締結の前提として、ショーは当社との協力関係に対する投資を決定し、STPにも融資することとしていました。

 NINA社は本年2月にSTP 3、4号機の建設につき、米国原子力規制委員会から建設運転一括許可の承認を受けましたが、建設予定地であるテキサス州では現在電力価格が低迷していることから、今後電力市況を見極めながらパートナー企業を募集し、適切な時期に建設開始の判断をすべく、関係者と協議をしています。一方、CB&Iは新規原子力発電所の建設事業については撤退することを表明しており、STPにおけるCB&Iからの融資が見込めなくなったこともあり、本関連契約を解除することに互いに合意しました。STPの投資環境が改善することにより、今後、STPの建設工事への参画を望むエンジニアリング会社の参入も可能になります。

 なお当社は、CB&Iとは火力事業を中心に引き続き重要なパートナーとして、今後も協力関係を維持していきます。

注1
EPC (Engineering, Procurement and Construction): 建設工事請負契約
注2
ABWR (Advanced Boiling Water Reactor):改良型沸騰水型原子炉
注3
ショー (The Shaw Group inc.)は2013年2月にその傘下であるStone & WebsterとともにCB&Iに買収された。
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。