Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

インドにおける送電会社向け大型変圧器およびガス絶縁開閉装置の受注について

現地製造ライン増強による受注拡大
2016年07月11日

 当社のインド現地法人である東芝電力流通システム・インド社(以下、TTDI)は、この度、インドの国営送電会社向けに同国最大電圧である765kVの大型変圧器7台を受注しました。アンドラプラデッシュ州にあるカッダパー変電所に設置される予定です。また、今年春には同国オリッサ州送電公社から、同州内に建設予定のガス絶縁開閉装置(GIS:Gas Insulated Switchgear)を含む220kVの変電所を土木・据付工事込みで一括受注しました。

 当社は、グローバルにT&D製品を供給する体制を構築することを目的に2013年に現地企業を買収しTTDIを設立しました。2014年11月以降、追加の設備投資により高電圧・大容量変圧器とGISの製造ラインを増設し、今年2月に本格稼動を開始しました。今回の受注は、当社技術による高い品質のほか、新製造ラインでの現地製造によるコスト競争力と迅速な保守・管理体制が評価されたものです。

 インドでは、急速な経済発展に伴い電力需要が急速に拡大しており、発電所および送配電網の建設が急務とされています。効率的な送電が可能となる765kVクラスの高電圧の送電用変電機器は今後さらなる需要が見込まれるとともに、都市化に伴う土地価格の上昇をうけ、コンパクトな変電所を実現するGISの需要拡大も期待されています。

 当社は、これまでインド国内において配電用変圧器についてトップシェアを誇っており、同国以外にも、欧州、アフリカ、中南米、アジア・オセアニア等、合計20か国以上におけるグローバルな受注実績を有しています。今後もTTDIを拠点として、安定的な収益の見込める配電用変圧器に加え、大容量・高電圧の変圧器やGISの受注拡大を図り、インドをはじめ中近東や東南アジアなどの周辺国への電力需要拡大に対応し、事業拡大を目指します。

受注概要

(1) 国営送電会社向け大型変圧器

発注者 :国営送電会社(Power Grid Corporation Ltd.India)
受注製品:765kV変圧器
受注台数:7台
設置場所:カッダパー(Cudappah)変電所(アンドラプラデッシュ州)
納入時期:2017年11月

(2)オリッサ州送電公社 ケーンドゥジャル(Keonjahr)変電所

発注者 :オリッサ州送電公社社(Odisha Power Transmission Corporation Limited)
受注範囲:GIS(ガス絶縁開閉装置)を含む機器供給+据付工事&調整試験(Full Turn Key)
納入機器:220kV GIS(ガス絶縁開閉装置)、33kV 開閉装置、他1式
建設場所:オリッサ州
完成時期:2017年6月

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。