Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

タイ国バンコク都市鉄道パープルラインの開業について

2016年08月08日

丸紅株式会社
株式会社 東芝

  

 

 丸紅株式会社(以下、丸紅)と株式会社東芝(以下、東芝)が出資する共同事業体を通じて、2013年に鉄道システム一式を受注したタイ国バンコク市の都市鉄道パープルラインが、2016年8月6日に開業しました。

 パープルラインは、バンコク市北部から北西方面に23km伸びる路線で、タイ国運輸交通局により日本政府の円借款を活用して建設されました。パープルラインが開業したことで、経済成長に伴い人口増加が続くノンタブリー県とバンコク市中心部の移動がスムーズになり、交通渋滞の緩和につながると期待されています。

 丸紅と東芝は、共同事業体を通じて鉄道システム一式(車両、信号・運行監視設備、変電設備、通信設備など)を供給し、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)と設立した共同事業体にて10年間のメンテナンスを請け負います。

 今回、採用された車両はJR東日本グループの株式会社総合車両製作所が製造しました。これまで車両の多くが欧州製だったバンコク市の都市交通に日本製車両が採用される初めてのケースとなります。また、鉄道運営会社を含めた日本企業連合が海外で鉄道メンテナンス事業に参画するのも初めてです。

 丸紅と東芝は、JR東日本グループと連携して日本の高品質の鉄道技術を提供することで、同国の交通事情の改善に貢献していきます。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。