Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

佐賀市清掃工場向け二酸化炭素分離回収プラントが稼働を開始

清掃工場で商用利用される世界初の二酸化炭素回収プラントが稼働
2016年08月10日

 当社が佐賀市清掃工場に納めた二酸化炭素分離回収プラントが、今月26日から稼働します。本プラントは、清掃工場で商用利用される世界初の二酸化炭素分離回収プラントで、ごみ処理過程で発生する排ガスから二酸化炭素を分離回収します。回収した二酸化炭素は藻類の培養や農作物の栽培等に活用するために、佐賀市が事業者に売却します。

 本プラントは、当社が火力発電所向けに開発した化学吸収法による二酸化炭素分離回収技術を適用しています。ごみ焼却時に発生する排ガスにアルカリ性のアミン水溶液を接触させることで、排ガスから二酸化炭素を吸収し、その水溶液を加熱することにより、二酸化炭素を高純度で分離・回収します。これにより、清掃工場から発生する排ガスの一部から、1日で最大10トンの二酸化炭素を回収できます。

 当社は、佐賀市の「清掃工場バイオマス利活用促進事業」において、2013年10月に小型の二酸化炭素分離回収実験プラントを佐賀市清掃工場に納入しました。実験プラントは累計で8,000時間稼働しており、そこから得られたデータをもとに、農業等に提供可能な高純度の二酸化炭素分離回収技術の検証、清掃工場での回収コストの評価、二酸化炭素の利活用方法の検討などを佐賀市と共同で実施しました。本プラントでは、これらの知見を活用し、清掃工場固有の排ガスの不純物影響等を考慮した分離・回収システムを確立しました。

 当社は、本プラントおよび福岡県大牟田市の二酸化炭素分離回収パイロットプラント等での実績をもとに、二酸化炭素分離回収技術の高性能化と適用市場の拡大を推進し、将来的に火力発電プラントと統合された低炭素システムの構築を目指します。 

2016年8月10日時点。当社調べ。

二酸化炭素分離回収プラントの外観

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。