Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ケニア電力電灯会社との電力の安定供給を実現する送配電機器導入に向けた覚書締結について

2016年08月25日

当社のインド現地法人である東芝電力流通システム・インド社(以下、TTDI)は、ケニアの送配電会社であるケニア電力電灯会社(Kenya Power & Lighting Co.,、以下、KPLC)と、送配電網における電力損失を低減し、電力の安定供給を実現するとともに環境に配慮した製品の導入に向けて検討を開始することについて合意し、このたび覚書を締結しました。

今回の合意に基づき両社は、TTDIが提供する配電電力の損失低減に優れたアモルファス金属を使用した配電用変圧器、接地面積が従来型の気中絶縁開閉装置と比べ15%となる33kV固定絶縁型開閉装置(SIS)およびCOガス絶縁型配電用変圧器を同国内に設置し、各機器の導入に向けた検討を行います。

ケニアでは経済成長により急激に電力需要が拡大している一方、送配電網の整備が遅れており、電力普及率は56%程度とされています。また、KPLCでは、2020年までに電力普及率を70%にすることを目標として配電設備導入を進めると同時に、電力の安定供給を目指し、電力損失の少ない送配電網の整備を進めています。今回の覚書についても、それらの取り組みの一環と位置付けられています。

TTDIは、KPLCから2015年9月に約4,000台の配電用変圧器を受注しており、2016年3月に納入を完了しています。また、今年4月には、約8,000台の配電用変圧器を新たに受注し、6月から納入を開始しています。今回、TTDIの製品の高い機能性や品質に加え、電力の安定供給に向けたソリューションが評価され、今回の覚書に至りました。

当社グループは、TTDIを拠点として、送配電事業におけるアフリカをはじめ、アジアや中東などの需要拡大が見込まれる成長市場の電力需要拡大に対応し、今後も技術優位性・信頼性の高い製品をグローバルに提供することで着実な収益を目指します。

 

 

 

 

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。