Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

トヨタ自動車向け3.5kW純水素燃料電池システムが運転を開始

2016年09月12日

 当社が、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)向けに納入した出力3.5kWの純水素燃料電池システムがこのたび運転を開始しました。本システムは、3.5kW機として商用初となる案件で、愛知県豊田市内にあるトヨタ自動車本社工場敷地内のエネルギー管理棟において、エネルギーの最適運用に向けた実証試験に活用されます。

 今回納入した純水素燃料電池システムは、水素をそのまま燃料とするためCOを全く発生させずに発電できるほか、短時間で発電を開始することが可能です。本システムにより、水素から発電した電気とその過程で生成される温水は、エネルギー管理棟に供給され、照明や空調などに使われます。また、太陽光発電および蓄電池を組み合わせ、より効率的なエネルギーの運用方法の確立に向けた実証試験に活用されます。
 当社はシステム供給だけではなく、本実証試験に参加し、実運用に基づいた電気と熱のエネルギー需要予測技術と最適運用技術を開発し、高効率なエネルギー活用に貢献します。

 トヨタ自動車では、工場からのCO排出量ゼロに向けた取り組みを進めており、COを排出せずに高効率に発電できる当社製の純水素燃料電池システムの環境性能が評価され、本システムの導入に至りました。

 水素燃料電池ユニットは、2014年に山口県が公募した「やまぐち産業戦略研究開発等補助金」事業において、山口リキッドハイドロジェン株式会社、長府工産株式会社、岩谷産業株式会社と共同で採択を受けて開発し、今回、3.5kWの燃料電池ユニットの商品化を実現しました。今後も、より高付加価値な燃料電池システムの開発を進めます。

 当社は、今後も様々な水素関連技術の開発に取り組み、COフリー社会の実現に向けてグローバルに活動を展開していきます。

純水素燃料電池システム外観

 

カテゴリー

    プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。