Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

高次元ベクトルデータを高速照合するデータベース「GridDB Vector Edition」を発売

従来の約50倍のベクトル照合処理速度で、大規模顔認証システムでの高速データ照合に活用
2016年10月31日

 当社は、高次元ベクトルデータ注1を高速照合するデータベース「GridDB® Vector Edition」を本日から販売します。今年5月に発表した「ビッグデータや大規模メディアデータを高速照合する技術注2」が搭載された製品として、大量の顔写真から特定の人物を見つけ照合する「大規模顔認証」システムに向けて提案していきます。

 空港での入国審査などで導入されている「大規模顔認証」システムの多くは、大量の顔写真データを顔の特徴などからベクトルで表現し、特定人物のベクトルデータと照合します。本データベースを活用することで、従来技術と比較してベクトルデータの照合を約50倍の速度注3、4で実現します。

 高次元ベクトルデータは、画像照合や、ビッグデータ分析・大規模メディア解析における機械学習で利用されています。近年、これらの分野では、データの多様化や大容量化により、計算時間も増大し、実システムへの適用が困難になるという新たな問題に直面しています。
 高次元ベクトルデータの高速照合が可能な「GridDB Vector Edition」を活用することで、従来は照合時間がかかり過ぎるという理由で実現しなかった大規模なデータ照合システムの実現が可能になります。

 当社は今後、本データベースの適用範囲を拡大し、特徴的な株価の動きなどを照合する金融データマイニングシステムなどに向けても提案していきます。

GridDB Vector Editionの特長

(1)ベクトル索引化技術注5により高速ベクトル照合処理を実現
 データを高次元ベクトルで表現し、あらかじめ類似のベクトル群を索引化しておくことで高速照合を可能にし、従来の約50倍のベクトル照合処理速度注3を実現しました。

(2)拡張SQL注6によるパターン分析が可能
 パターン照合機能を組み込んだ拡張SQLにより、任意のパターン分析を簡単かつ自在に組み合わせることができます。

(3)柔軟な拡張性と高い可用性を両立
 容量や性能に応じて、システムを止めることなく簡単に拡張できるスケールアウトが可能です。また、障害発生時にも無停止運用が可能な高い可用性を実現しました。

注1
高次元ベクトルデータ: 2次元(平面)や3次元(空間)のベクトルではなく、数百~数万などの次元数を持つベクトル
注2
2016年5月25日発表 「ビッグデータや大規模メディアデータを高速照合する技術を開発~従来の約50倍の高速
データ処理で、1000万件の顔画像データから特定人物を8.31ミリ秒で抽出」
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_05/pr_j2501.htm
注3
1000万件の人物の顔画像データから特定の人物を抽出する当社の実験で、従来の技術と比較して、約50倍の8.31ミリ秒(1ミリ秒=1/1000秒)でデータ処理を完了したことによる。5800人の顔を映した全1000万枚の画像を用い、顔認識精度98%以上を制約条件として実施(詳細は注2のプレスリリースを参照)
注4
「大規模顔認証」システムには、大量の顔写真データをベクトル化するプロセスと、特定人物のベクトルデータと照合するプロセスがあり、後者において約50倍の速度を実現
注5
ベクトル索引化技術: 当社が初めて開発した技術で、問い合わせデータのベクトルに対して、一つずつベクトルを照合するのではなく、索引化された類似のベクトル群から照合させる技術
注6
拡張SQL(Structured Query Language):データの操作や定義を行うためのデータベース言語(SQL)において、レコードの抽出や追加、更新などだけではなく、複合文を使って変数や条件文などを記述する方法

■GridDB®について
社会インフラシステムやIoT(Internet of Things)で取り扱われるビッグデータを高速処理する用途に向けて、当社が開発したスケールアウト型データベースです。従来ハードディスクに配置していたデータを、サーバーのメインメモリに配置するインメモリー型アーキテクチャにより、ペタバイト級のビッグデータでも高速にデータベース処理できます。データ量や処理性能に応じた容易な拡張や、無停止運用の実現も特長としています。
http://www.toshiba.co.jp/cl/pro/bigdatapf/lineup/GridDB/index_j.htm

■「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2016」出展のご案内
11月1日(火)、2日(水)に、グランドニッコー東京 台場(東京・台場)にて「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2016」を開催いたします。展示会場では「Digitalization デジタル化」をテーマに、GridDB Vector Editionによる高速ベクトル照合を、デモンストレーションを含めて紹介いたします。
詳しくは、http://www.toshiba-ictfair.com/index_j.htm をご覧下さい。

※GridDBは、株式会社東芝の登録商標です。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。