Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東芝未来科学館、旧東芝科学館を含めた累計来館者数1000万人を達成

2016年10月31日

 東芝未来科学館は、10月29日(土)に旧東芝科学館を含めた累計来館者数1000万人を達成しました。

 東芝未来科学館の前身である東芝科学館は、1961年、中央研究所が川崎市小向地区に新設された際、同研究所の中に地域社会に貢献する施設としてオープンしました。当時全国でも珍しい企業科学館として注目を集め、その後全国で開館されていく企業科学館・博物館の草分け的存在になりました。

 2013年10月、当社初期の製品である照明を製造していた川崎工場の跡地にスマートコミュニティセンターが完成し、2014年1月31日に東芝未来科学館が同センター2階にリニューアルオープンしました。移転後約2年半の2016年8月には新館での累計来館者数100万人を達成しています。なお、当社の調べでは、企業科学館として累計来館者数1000万人を達成している科学館は他に確認されていません。

 東芝未来科学館では、開館以来、当社の技術や日本初・世界初の製品を展示しており、当社の歴史だけでなく、日本の電機産業の歴史を来館者に伝えています。また、青少年の創造性育成を目的とした少年少女発明クラブ事業に参加し、「川崎さいわい少年少女発明クラブ」では当社グループ従業員が指導員を担当するなど、科学教育の発展に貢献しています。

 東芝未来科学館は今後も、末永く皆様に愛される科学館を目指し、さらなる努力を重ねてまいります。

 

記念式典の様子
(左から、1000万人目となった高橋さん親子、当社牛尾専務、岩切館長)

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。