Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

中国チェンウェイ発電所向け水力発電設備を受注

2016年11月04日

 当社の中国におけるグループ会社で水力発電設備の製造、販売、保守サービスを行う東芝水電設備(杭州)有限公司(以下、東芝水電)は、中国国営企業の四川岷江港航電開発有限責任公司(以下、四川港航)から55.6MWのバルブ式水車および水車発電設備5セットを受注しました。2017年2月に納入を開始する予定です。

 四川港航は、四川省楽山市にある河川を利用したインフラ設備の運営や管理などを手掛ける企業です。当社は、四川港航が岷江流域のなかで落差が低い地点に建設予定のチェンウェイ発電所向けに水力発電設備を納入します。今回受注したバルブ式水車は、低落差の流れでも効率的に発電できる設備です。

 東芝水電は2005年の設立以降、87台の水車・ポンプ水車および101台の発電機・発電電動機を納入しています。今回、東芝水電の高い技術力と機器信頼性および中国国内における納入実績が評価され、受注に至りました。

 中国では、都市化や経済発展を背景とした電力需要への対応や、環境に配慮した再生可能エネルギーへのニーズが高まっています。水力発電は、ベースロード電源のひとつとして位置付けられており、発電容量を2015年の319GWから2020年までに380GWに増やす計画注1が立てられています。

 当社グループは、さまざまな流量・落差・出力帯に応じた水車および発電機のラインアップを有しており、今後も、高品質な製品を中国をはじめグローバルに展開し、受注拡大を目指します。

注1
出典:中国国家エネルギー局「第13回5ヵ年計画」

 

今回受注した製品の概要

発電所名

チェンウェイ水力発電所

発注者

四川岷江港航電開発有限責任公司

所在地

中国 四川省楽山市

受注設備

55.6MWの水車および水車発電機5セット

設備納入時期

2017年2月から順次

運転開始時期

2020年11月

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。