Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

台湾中央気象局向け気象レーダを受注

S帯固体化二重偏波気象レーダで高精度・低ランニングコストを実現
2017年03月21日

 当社は、台湾中央気象局が台南市七股区に設置する気象レーダについて、主契約者であるスペインのGECI GROUP(以下、GECI社)と、台湾のHigh Bound Co., Ltd.(以下、High Bound社)と3社共同で受注しました。当社として初の台湾での気象レーダの受注となり、設備は2019年に稼働する予定です。

 今回受注したレーダは、気象観測目的としては世界最大規模の直径8mを超えるアンテナを有するS帯固体化二重偏波気象レーダです。この気象レーダにより、半径約400kmの降雨の観測が可能です。当社が気象レーダを提供し、GECI社がシステムインテグレータとして全体を取りまとめ、High Bound社が現地工事を実施します。

 本レーダが採用する二重偏波方式では、水平方向から雨粒を観測する従来の単偏波方式に加え、垂直方向からも雨粒を観測することにより、降雨強度の観測精度を向上させることができます。さらに、電子管を使用する気象レーダと比べて送信出力が小さい固体化気象レーダにおいて、高出力の電力増幅モジュールと高効率な電力合成により、電子管と同等以上の平均出力を実現しました。固体化気象レーダの採用により、電子管の定期交換が不要となり、ランニングコストを低減します。入札には海外の競合企業も参加しましたが、技術審査、価格評価を経て受注に至りました。

 台湾は台風の通り道に位置し、ほぼ毎年のように台風の被害を受けています。台風による被害では、豪雨に伴う洪水や土砂崩れの発生により被害が拡大することもあるため、台湾中央気象局において高精度な気象レーダのニーズが高まっていました。
 また、近年、地球温暖化や都市化により世界各国で豪雨による被害が深刻化しています。当社は、台風や豪雨の高精度な観測を可能とする固体化二重偏波気象レーダの販売を世界に拡大することで、早期の避難警告等につながる高精度で信頼性のある気象情報の提供を実現し、豪雨被害の低減に寄与していきます。

受注概要

 

納入先 Central Weather Bureau (台湾中央気象局)
納入場所 台南市七股区
稼働予定時期 2019年

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。