Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東武鉄道株式会社新型特急車両500系「Revaty」向け電気品の納入について

2017年04月20日

 当社は、東武鉄道株式会社(以下、東武鉄道)の新型特急車両500系「Revaty (リバティ)」全8編成24両向けに、全閉式永久磁石同期電動機注1(以下、全閉PMSM)とVVVFインバータ装置注2を組み合わせた駆動システムをこのたび納入しました。本システムを搭載した「Revaty」は、4月21日から運用が開始される予定です。

 「Revaty」は、「さまざまな運行形態で運用可能な速達性と快適性を持った特急列車」をコンセプトに、東武鉄道が26年ぶりに導入する新型特急車両です。当社製駆動システムを導入することで、車両の騒音源の一つである駆動システムにおいて低騒音化を図り、「Revaty」の快適性の実現に貢献するとともに、大幅な低消費電力化により、環境負荷低減にも寄与します。

 全閉PMSMは定格効率97%を実現する高効率なモーターです。全閉構造により、モーターの低騒音化を実現するとともに、内部の清掃が不要となるため、メンテナンスを簡素化することができます。また、VVVFインバータ装置は、1台の冷却器に対して4つのインバータ回路を配置することで、小型化、軽量化に寄与します。これらの装置を組み合わせることで、車両の加速時の消費電力を削減するとともに、当社独自の制御方法により車両のブレーキ時に発生する回生電力注3量を増加させ、車両全体の消費電力削減を実現しています。

 当社はこれまで、全閉PMSMとVVVFインバータ装置を組み合わせた省エネ性能の高い駆動システムを東京地下鉄株式会社(東京メトロ)の銀座線、丸ノ内線、東西線、千代田線や九州旅客鉄道株式会社(JR九州)の筑肥線、唐津線のほか、阪急電鉄株式会社の神戸線、宝塚線、北大阪急行電鉄株式会社の南北線などへの納入実績があります。また、海外でも本駆動システムを搭載する車両の運行実績があります。

 当社は、今後も全閉PMSMシステムなど省エネ効果が高く環境負荷低減に貢献する製品群をグローバルに展開していきます。

注1
永久磁石同期モーター:Permanent Magnet Synchronous Motor
注2
可変電圧可変周波数制御:Variable Voltage Variable Frequency
注3
車両のブレーキ時に、主電動機を発電機として用いることにより発生した電力

 

今回納入した電気品のイメージ図

 

PMSM VVVF
全閉PMSM
VVVFインバータ装置


 

新型特急車両500系「Revaty (リバティ)」

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。