Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

昭和電工から100kW純水素燃料電池システムを受注

プラスチック由来の水素でホテルに電力と熱を供給
2017年06月05日

  当社は、昭和電工株式会社(以下、昭和電工)から100kW純水素燃料電池システムを受注しました。本システムは、川崎市殿町キングスカイフロント地区で大和ハウス工業株式会社が建設中の「東急REIホテル」内に設置され、2018年春に運転が開始される予定です。

 純水素燃料電池システムは、水素を直接用いて発電するため、COを発生させずに発電できるほか、5分という短時間で発電を開始することが可能です。今回受注したシステムは、昭和電工が環境省公募の「平成27年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」において実施している使用済みプラスチックから精製した水素を活用する取り組みの一環として、川崎臨海部にある昭和電工川崎事業所において使用済みプラスチックから精製された水素を使用して発電を行います。プラスチック由来の水素は常時パイプラインで輸送され、本システムにより東急REIホテルに100kWの電力を供給します。また、純水素燃料電池システムは、発電の過程で熱が生成されますが、生成された熱についてもホテル内で有効活用する計画です。

 100kW純水素燃料電池は、当社グループの純水素燃料電池システムにおける最大のラインアップであり、山口県周南市地方卸売市場や、総合化学メーカーの株式会社トクヤマの実証プロジェクトで稼働しています。

 当社は今後も、水素の製造から利活用まで様々な水素関連技術の開発を進め、水素社会の実現に貢献していきます。

 

純水素燃料電池システムのイメージ図

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。