Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

日本最長のメガソーラー発電所が開所

2017年07月18日

 東芝インフラシステムズ株式会社



 当社が、設計、調達、建設を担当したSGET千葉ニュータウンメガソーラー発電所が完成し、本日、千葉ニュータウン中央駅において開所式が執り行われました。本発電所は、全長約10kmと日本最長のメガソーラー発電所で、当社が2016年2月にSGET千葉ニュータウンメガソーラー合同会社から受注したものです。

 同発電所は、北総鉄道成田スカイアクセス沿線用地を活用して、白井市武西から印西市若萩にかけて建設された日本最長のメガソーラー発電所です。当社は、EPC契約者として、同発電所の設計、調達、建設および今後20年間の運用・保守業務を受注しました。

 同発電所は、線路沿いに隣接するため、電車走行時の作業が制限されるほか、クレーン作業などの大型工事作業を実施できる場所に制約がありました。そのため、当社はこれまでメガソーラー発電所の建設で培ってきたノウハウを活用し、作業工程の最適化や関係各社との調整により工程管理の徹底を進めてきました。また、ケーブルや電線の長距離化に伴う発電効率の低下を防ぐため、太陽光パネルの効率的な配置などによる全体設計の最適化を図ることで発電効率の確保も実現しています。

 当社は、今後も社会インフラソリューションの提供を通じてお客様の価値を向上させるとともに、安全・安心で信頼できる持続可能な社会の実現を目指してまいります。

EPC(Engineering Procurement and Construction):設計(Engineering)、調達(Procurement)、据付工事(Construction)

 

SGET千葉ニュータウンメガソーラー発電所の概要

事業者:SGET千葉ニュータウンメガソーラー合同会社
所在地:千葉県印西市中央
太陽光発電出力:12.8MW
敷地面積:約150,000m2

 


 

 

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。