Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

量子暗号通信で世界初の10Mbpsを超える鍵配信速度を達成

2017年09月15日

 当社および東芝欧州研究所傘下のケンブリッジ研究所は、世界で初めて10Mbpsを超える鍵配信速度を実現する量子暗号装置の開発に成功しました。本装置の性能測定において、当社が記録した従来の最高速度注1の約7倍となる13.7Mbpsの鍵配信速度を達成しました注2。本技術の詳細は、9月18日から22日に英国ケンブリッジで開催される国際会議「QCrypt 2017」において発表します。

 量子暗号通信では、光の粒子である「光子」1個に1ビットのデータを載せて送受信します。光子は盗聴があると光子の状態が変化し、確実に盗聴を検知することが可能なため、安全性が保証されます。機密データのバックアップや医療データ伝送といった秘匿性の高いデータの通信に適しており、実用化に向けて通信速度の向上が求められています。これには、暗号鍵の生成処理速度が課題となっていました。

 暗号鍵の生成処理は、伝送中や受信時の雑音により発生するデータの誤りの訂正処理等を行い、最終的に送受信者間で共通の暗号鍵を生成するための処理です。当社は今回の開発で、従来のソフトウェア処理をより高速に処理できる専用回路を用いたハードウェアや、光子通信の誤り特性を加味した処理規模の少ない誤り訂正方式を開発するとともに、従来のデータ変換処理の多並列処理化を達成し、鍵生成処理の高速化を実現しました。

 当社はこれまでも、2010年に50kmの距離において1Mbpsの鍵配信速度を実現するなど、世界最高速度の量子暗号装置を開発してきました。今後も高速化等の研究開発を進めることで、金融・医療・通信インフラ等の分野での実用化を目指し、量子暗号技術の普及に貢献していきます。

注1
当社調べ、2016年に35kmの距離で1.9Mbpsを達成
注2
10kmを想定した光ファイバー環境において
高速量子暗号装置(送信機)
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。