Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

トルコの地熱発電所向け蒸気タービン・発電機の納入に向けた包括契約を締結

出力合計120MW相当の3案件について交渉権を獲得
2017年09月19日

 当社は、トルコの大手電力事業者ゾルルエナジーグループ(以下、「ゾルル社」)と同社が同国内に建設を予定している地熱発電所3案件について、蒸気タービン・発電機の納入に向けた交渉権を獲得し、このたび包括契約を締結しました。3案件合わせると120MW相当の発電出力となる見込みです。

 本契約は、ゾルル社が2020 年10月までに建設を計画している3案件の地熱発電所の開発において、蒸気量や圧力が、本包括契約で取り決めた蒸気タービン・発電機の仕様範囲に合致する場合などの条件下において独占的に交渉できる契約です。

 トルコでは、人口増加を背景に電力需要の増加が予想されており、発電所の建設が数多く計画されています。当社は、ゾルル社のアラシェヒル地熱発電所やクズレデレ第3地熱発電所向けに蒸気タービン・発電機を受注しています。また、2016年1月には同社と地熱、火力、水力発電所の建設における協業の覚書を締結しており、事業性調査の段階から新規建設の計画に参画できる体制を整えています。

 当社は、1966年に商用機として日本国内初となる20MWの地熱蒸気タービン・発電機を納入して以来、北米、中南米、東南アジア、アイスランドなど世界各国に54台、3,519MWの発電設備を納入し、世界トップの23%注のシェアを占めています。今後も、地熱発電をはじめ、水力発電、風力発電、太陽光発電など多様な再生可能エネルギーの安定供給に向けた取り組みを世界各国で展開していきます。

出典:Bloomberg New Energy Finance (2017年2月)

対象となる計画案件

・クズレデレ第4地熱発電所(予測出力40MW)
・テッカハマン地熱発電所(予測出力40MW)
・クズレデレ第5地熱発電所(予測出力40MW)

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。