Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

イラク電力省向けガス絶縁開閉装置および変圧器の受注について

2017年09月28日

 当社グループ会社の東芝電力流通システムガルフ社は、イラク電力省向けガス絶縁開閉装置(GIS)と変圧器を受注しました。イラク電力省と変電所のEPC注1契約を締結した豊田通商株式会社から受注したもので、2018年度から納入を開始する予定です。当社グループとして、湾岸戦争終結後初となるイラク共和国向けの変電設備の受注となります。

 今回受注したのは、イラク電力省がイラク共和国南西部に建設を計画している400kVクラスの大型変電所4か所向けの400kV GIS、132kVGISおよび400kV-250MVA変圧器です。400kVGISおよび400kV-250MVA変圧器は浜川崎工場で製造し、132kVGISはインドの製造拠点である東芝電力流通システム・インド社(TTDI)で製造予定です。

 今回納入するGISは変電所の主要機器の一つであり、絶縁性能の高い六フッ化硫黄(SF6)ガスを使用するため、空気による気中絶縁に比べ開閉装置をコンパクトにすることができます。変電所の省スペース化を実現し、地価の高い都市部での需要が高まっています。また、機器を室内に設置する構造のため、地下や海岸部にも建設が可能であり、設備の管理や保守メンテナンスの省力化に貢献します。

 イラク共和国では湾岸戦争が終結し、2006年に新政府が発足して以降、経済復興に向けた電力網の整備が進められていますが、都市部を中心に慢性的な電力不足が課題となっています。イラク電力省は、同国南部にある発電所から首都のバクダッドまで送電するため、2020年までに400kVクラスの大型変電所を20ヶ所以上建設することを計画しています。

 当社グループは、送変電・配電(T&D)機器事業において、インドの製造拠点であるTTDIを活用し、インドをはじめ今後電力需要の伸びが期待される中東、東南アジア、アフリカなどを注力地域として、同事業におけるグローバル展開を今後さらに加速していきます。

注1
EPC(Engineering Procurement and Construction):設計(Engineering)、調達(Procurement)、据付工事(Construction)

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。