本文へジャンプ

統合コミュニケーション基盤とは

東芝の統合コミュニケーション基盤は、利用者にとってストレスフリーなビジネス環境の提供や、働き方の変革(ワークスタイル変革)といったような様々な課題に貢献できるソリューションです。東芝グループにおいて10万人超を対象にメール切り替えや、48,000個のNotesデータベース移行、また20万人規模のSkype for Business導入・運用の実績とノウハウをベースに、お客様のワークスタイル・イノベーションを実現します。

統合コミュニケーション基盤とは



イベント・セミナー

【東芝×日本マイクロソフト協業開催】セミナーのご案内 New!

セミナー内容

お申込み・詳細はアイコンクリック

「東芝事例から学ぶ『脱 Notes®』成功の鍵~東芝の大規模移行事例や失敗談紹介~」
2017年12月8日(金)10:00~11:00 (受付 9:40)
【会 場】日本マイクロソフト 品川グランドセントラルタワー (東京都 港区)
【お申込】無料 事前登録制 ⇒詳細・お申込み

セミナー内容

お申込み・詳細はアイコンクリック

『Microsoft®365』で実現する働き方改革~ マイクロソフトのクラウドで在宅勤務(テレワーク)を変える ~
2017年12月8日(金)16:00~17:00 (受付 15:40)
【会 場】日本マイクロソフト 品川グランドセントラルタワー (東京都 港区)
【お申込】無料 事前登録制 ⇒詳細・お申込み

TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017 『働き方改革』コーナー出展レポート

フェア内容

詳細はアイコンクリック

2017年11月9日、10日の2日間、グランドニッコー東京 台場で開催された『TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017』に出展しました。
⇒働き方改革コーナー出展レポート

トピックス

プレスリリースMicrosoft Partner of the Year 2017 AWARD
東芝デジタルソリューションズ株式会社は、日本マイクロソフト株式会社が主催するマイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2017 において『Enterprise Mobility アワード 』を受賞しました 。⇒詳細
2017アワード受賞

写真右から
日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野様
当社クロスドメインソリューション技術第二部 三木
日本マイクロソフト 執行役員 常務パートナー事業本部長 高橋様

『Enterprise Mobility アワード 』受賞コメント

※画像をクリックするとポップアップウィンドウに
Youtube動画が表示されます。


詳しく知りたい情報をクリックしてください

コラム掲載 New!

統合コミュニケーション基盤に関するコラムの掲載を開始しました。些細なことから深いことまで日頃の業務にかかわるあれこれを掲載いたします。是非ご覧ください。


コラム掲載

詳細はアイコンクリック

第4回 「シングルサインオンだけが便利という訳ではありません!~クラウドIDとオンプレIDの分離によるスマートなID管理~」
Office365®を導入されるお客様で一番切実なテーマは「シングルサインオンを実現したい」だと感じています。しかし実際には理想形のシングルサインオンを求めてActive Directory®準備の苦労を重ねても報われないことが多いのも事実です。このような悩みを解決するスマートなID管理について具体的なケースをご紹介します。

クラウド認証・セキュリティサービス

クラウド認証・セキュリティサービス

詳細はアイコンクリック

クラウド認証・セキュリティに関するソリューション・サービス
Cloud First / Mobile First時代のID管理ソリューション『dynaCloud Mobility Pack』
東芝の強みであるディレクトリ管理ソリューションと、マイクロソフト社のEnterprise Mobility+ Security (EMS)を組み合わせた、東芝独自サービスをご提供します。

イベント情報バックナンバー

セミナー報告

レポート内容はアイコンクリック

【東芝×日本マイクロソフト協業開催】
東芝事例で知る!Notes®からOffice365®へのマイグレーションそして運用管理からセキュリティまで
2017年6月16日のレポートを掲載しますので是非ご覧ください。

セミナー報告

レポート内容はアイコンクリック

【東芝×日本マイクロソフト協業セミナー報告】
クラウド認証・セキュリティサービスソリューション
~dynaCloud Mobility Pack~
2016年12月21日にセミナーを開催しました。レポートを掲載しますので是非ご覧ください。

セミナー情報

資料請求はアイコンクリック

東芝×日本マイクロソフト2015年12月10日セミナーは終了しました。
テーマ:東芝グループ20万人を一元管理するディレクトリ管理ノウハウを組み込んだ「dynaCloud Mobility Pack」でOffice365をもっとセキュアに
関係資料の送付をご希望の場合は⇒資料請求ページよりお問い合わせください。

課題解決ソリューション

グループID管理のノウハウ

詳細はアイコンクリック

グループID管理のノウハウ
人事システム→ActiveDirectory(ADFS含む)からMicrosoft製品までのシームレスなソリューションをご提供します。
Microsoft製品基盤への移行はActiveDirectoryの構築が必須です。
グローバル対応を前提としたユーザ/グループ管理の見直しを行いたい場合にもご相談ください。

マルチデバイス~新しい基盤の導入~

詳細はアイコンクリック

マルチデバイス ~新しい基盤の導入~
ビジネスはタイミングが重要。いつでも、どこでもストレスフリーなコミュニケーションを。
PC、タブレット、スマートフォン等どのデバイスからでもクラウドに自由にアクセスできる環境を構築します。

Microsoftクラウド製品の導入と定着

詳細はアイコンクリック

Microsoftクラウド製品の導入と定着
東芝がお勧めするMicrosoft製品の導入支援サービス。
Exchange/SharePoint/Skype for Business/Office365
Microsoft製品の導入経験のないお客様向けに導入~システム構築をご支援致します。

Notes移行手法

詳細はアイコンクリック

Notes移行手法とは
NotesDB移行ソリューションは、既存DBの調査分析から始まり、Notes資産を活かすか破棄するか移行方針の決定、移行作業・構築支援までをトータルにサポートできるサービスをご用意しています
Microsoft製品に置き換えられない業務フローに、最適な提案型サービスもご用意しています。

コンサルティング

導入コンサルティングサービス

詳細はアイコンクリック

導入コンサルティングサービス
お客様毎のビジネスモデルの変革に合わせてビジネス環境の革新をお手伝いします。
統合コミュニケーション基盤をご検討のお客様の課題を共有させていただき最適なビジネス環境をご提案致します。
お客様と一緒にシステム移行方針やスケジュール・費用の算出をご支援します。

ワークスタイルチェンジ

東芝グループの働き方変革

詳細はアイコンクリック

東芝グループの「働き方変革」
東芝グループ13万人が使う新しい統合コミュニケーション基盤により、コミュニケーションからイノベーションの創造へ
東芝グループの情報基盤システムの構築・運用のノウハウを提供することで、確実なシステム構築を実現し、短期間な導入と効果算出が可能です。

導入事例

導入事例

詳細はアイコンクリック

導入事例
東芝グループの導入事例をご紹介します。
過去15年間情報を蓄積してきた「Lotus Notes」の見直しを実施し、グローバルも含めたIT基盤のあるべき姿を検討し、よりよいコミュニケーションの活性化を期待しMicrosoft製品の導入を決定しました。

お問い合わせへ
製造業向けナビサイトにリンク

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。