本文へジャンプ

倉庫管理ソリューションLADOCSuite®

東芝グループで長年培った庫内物流のノウハウをベースに、多言語化、クラウド化でグローバル物流に対応した現場指向型倉庫管理ソリューションです。LADOCSuite®が戦略的なロジスティクスを実現し、企業競争力の飛躍的向上をサポートします。


コラム&レポート


イベント2017年12月11日 NEW!!
TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017 イベントレポート
「東芝グループが目指す物流IoTとは?」
TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017 イベント

「物流業界はいま、危機的状況に瀕している」。限られた労働力でより多くの荷物を運ぶためには、業務の効率化が欠かせない。倉庫内で言えば、人がやっている作業の生産性向上と、人がやる必要のない作業の自動化が求められている。これを実現する手段として注目されているのが、IoTの活用である。

もっと詳しく読む


セミナーレポート2017年12月5日
TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017 セミナーレポート
「センシングデータから見えてくる輸送品質とその改善に向けて」
TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017 セミナーレポート

近年、輸送業界では食の安全への取り組み、医薬品輸送へのGDPの適用などから、輸送品質管理への需要が高まっている。 「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017」にて、東芝デジタルソリューションズの鷲頭氏が「輸送品質管理」の改善・向上に貢献すべく開発された、新しいサービスについて語った。

もっと詳しく読む


2つの新機能

2つの新機能

LADOCSuite®のコンセプト

LADOCSuite®は、庫内業務の効率化と物流サービス品質の向上を通して、グローバル物流時代の企業競争力強化をご提案いたします。

LADOCSuiteのコンセプト

詳しい特長を見る

サービス品質向上
配送リードタイムの短縮
延着の低減
作業進捗管理による"作業の見える化"実現
庫内業務改革を短期間で実現
ブラウザ使用のシステムに比べ操作性が高い
コスト削減
作業効率UPによる生産性向上
アドオン、カスタマイズの削減
荷主ニーズの変化に柔軟に対応
サーバのクラウド化により初期導入
コストを低減
グローバル化
配送リードタイムの短縮
延着の低減
作業進捗管理による"作業の見える化"実現
庫内業務改革を短期間で実現
ブラウザ使用のシステムに比べ操作性が高い


トピックス

イベント2017年12月11日
TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017 イベントレポート「東芝グループが目指す物流IoTとは?」を掲載しました。
セミナーレポート2017年12月5日
TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2017 セミナーレポート「センシングデータから見えてくる輸送品質とその改善に向けて」を掲載しました。
コラム2017年11月1日
物流コラム2を掲載しました。
イベント2017年10月4日
イベントレポートを掲載しました。
インタビュー2017年8月21日
インタビューを掲載しました。
コラム2017年7月18日
物流コラムを掲載しました。
その他2017年7月18日
新機能情報を掲載しました。
イベント2017年3月17日
国際物流総合展2016レポート公開中

※LADOCSuite®は株式会社東芝の日本国内における登録商標です。
※本サイトの内容は、予告なく変更する場合があります。
※本サイトに表記されている数値および表現は平成27年7月1日現在のものです。

導入事例

導入事例

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。