本文へジャンプ

次世代化を目指す各国の動向

ものづくりは世界的に大きな変革期を迎え、世界各国は国を挙げて次世代のものづくりを推進しています。例えばドイツでは、ネットワークやICTを使って工場をスマート化する動きが進み、Industrie4.0、第4次産業革命とも呼ばれています。アメリカでは3Dプリンタでのものづくりやバーチャル試作のような3D革命が始まっています。
市場環境においては、大量生産から少量多品種の時代になり、メーカーは個人のニーズに合わせた製品のパーソナライズ化への対応に迫られています。パーソナライズ化に対応した製造プロセスとして、ロボットが自律的に動き、生産そのものをスマートでインテリジェンスにするSmartFactory化がはじまり、すでに世界の最先端企業では、大量生産と同レベルの効率とコストで少量多品種のものづくりを実現しています。

ドイツ Industrie4.0

アメリカ Industrial Internet / NNMI