東芝デジタルソリューションズ株式会社

ニュースリリース

2015年5月25日

「TOKYO IP COLLECTION 2015」の出展について
− コミュニケーションロボット「地平アイこ」が家電技術イノベーションの歴史を説明 −

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

当社は、6月13日と14日に東京国際フォーラムで行われる特許庁主催の特許制度制定130周年の記念イベント「TOKYO IP COLLECTION 2015」に出展します。

【主な展示内容】

  1. 日本人のライフスタイルを変えた家電の歴史
    日本の産業の技術革新の中で、日本人のライフスタイルに変革をもたらし、日本の近代科学に寄与してきた日本初の自動式電気釜、国産第1号電気洗濯機、家具調カラーテレビや世界初の日本語ワープロなど身近な家電製品での技術イノベーションの歴史を、当社のコミュニケーションロボット「地平アイこ」が説明します。「地平アイこ」は、株式会社エーラボ、大阪大学、湘南工科大学、芝浦工業大学の協力により、人間らしい容姿と、自然な腕や手の動きを実現し、将来的に福祉・ヘルスケア分野などでの活用を目指して開発を進めています。
  2. 仮想試着システム
    "これから"の先端技術として、いつでも、どこでも自分に似合う服を手軽に楽しく見つけて、試すことが出来る「仮想試着システム」を紹介します。

【「TOKYO IP COLLECTION 2015」について】

 本年は、特許制度が制定されてから130年目にあたります。「TOKYO IP COLLECTION 2015」では、これまで「夢」を「現実」にしてきた技術、なつかしの製品やデザイン、今後のライフスタイルに大きな変化をもたらす先端発明に触れることができるほか、知財をめぐる"これまで"と"これから"を体感できます。

「TOKYO IP COLLECTION 2015」について(経済産業省):
 http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150512004/20150512004.html 別ウィンドウで開きます

「TOKYO IP COLLECTION 2015」ホームページ:
 http://www.ip-collection.jp 別ウィンドウで開きます

以上