東芝デジタルソリューションズ株式会社

ニュースリリース

2016年4月5日

社会インフラシステム向けLinux®の普及を推進する「Civil Infrastructure Platform」への参画について

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

 当社は、Linux®の普及を推進するThe Linux Foundationが運営する、社会インフラ向け協業プロジェクト「Civil Infrastructure Platform(以下、CIP)」に、設立メンバーおよびボードメンバーとして参画しました。家電などの組込み製品から発電プラント向けコントローラなどの重要な社会インフラシステムまで、多くの製品やシステムにLinux®を適用してきた知見・ノウハウを活かし、人々の生活や社会を支える社会インフラシステム向けに、高信頼かつ長期間の保守を可能とする基盤ソフトウエアの実現を目指します。

 The Linux Foundationは、Linux®および共同ソフトウエア開発の発展に取り組む非営利のコンソーシアムです。The Linux Foundation には、コネクテッドカー注1向けの共通Linux®基盤を開発する「Automotive Grade Linux(AGL)」や、PaaS注2の発展をめざす「Cloud Foundry Foundation」などの社会が直面する課題に対して、複数の企業や開発者が集まり解決方法を共同開発する「協業プロジェクト」があります。CIPは、今回新たに設立された、社会インフラシステム向けにOSS注3の開発に取り組む「協業プロジェクト」です。

このページのトップへ

 Industrie4.0やIndustrial Internetなど、世界的なIoT/ICT技術の利活用が急速に拡大している現在において、社会インフラシステムでもネットワーク化の動きは拡大しており、OSSであるLinux®の社会インフラにおけるシステム基盤ソフトウエアとしての重要性は高まっています。
 社会インフラシステムは、常に安心・安全であることが求められ、強固なセキュリティと共にシステムの信頼性、安定性、相互接続性等を確保しなければならないという課題があります。従来、企業はシステムごとに独自で課題解決を行っていましたが、Linux®を活用することの重要性が高まり柔軟な対応が求められていく中で、社会全体の共通課題として解決していくことが必要とされています。
 CIPでは、この共通課題を解決するために人々の生活を支える社会インフラシステム向けに、安心・安全で信頼性が高く、強固なシステムセキュリティを確保したOSS基盤と、社会インフラシステム特有の10年から30年間の長期に渡るライフサイクルをサポートする保守を提供すべく取り組んでいきます。

 当社は、ボードメンバーとしてCIPに参画するとともに、CIP内部の技術委員会であるTechnical Steering Committee(TSC)の主要メンバーとして活動します。また、他のCIPメンバーともに、今後の社会インフラシステムを支えるOSSの開発に取り組んでいきます。

■ Civil Infrastructure Platform
https://www.cip-project.org/ 別ウィンドウで開きます

 

  • 注1:コネクテッドカーとは、ICT端末としての機能を有する自動車のことであり、車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積・分析することで、新たな価値を生み出すことが期待されている。
  • 注2:PaaS(Platform-as-a-Service)とは、アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどの基盤(プラットフォーム)を、インターネット上のサービスとして利用できるようにしたものです。また、そのようなサービスや事業モデルのことです。
  • 注3:OSS(Open Source Software) とは、プログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムのソースコードを広く一般に公開して、改良や再配布を行うことが誰でも自由にできるソフトウエアのことです。OSSは、あらゆるユーザーが良質のソフトウェアを利用することを可能とし、ソースコードを共有の知的財産として扱い、修正や改良を重ねていくことで、より良いソフトウェアに育んでいくことを志向しています。OSSとして提供されている代表的なソフトウエアとして、Linus Torvalds氏によって開発されたLinux®があります。
  • ※Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

 

以上