東芝デジタルソリューションズ株式会社

ニュースリリース

2016年10月26日

画像・音声認識とディープラーニングの技術でラグビーのプレー分析を行うシステムの実証実験を開始
〜 ラグビーの映像分析を通じて「RECAIUS™(リカイアス)」の要素技術を向上 〜

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

 当社はこの度、画像、音声認識の技術と、ディープラーニングの技術を組み合わせ、ラグビーの試合映像を自動で解析し、プレー分析に活用する実証実験を開始しました。スポーツの映像解析で多くの実績を持つ慶應義塾大学理工学部青木研究室と共同研究を行うことで合意しており、現在共同で特許を出願中です。本実証実験を通じ、画像・音声認識の技術とディープラーニングの技術を向上させ、音声や映像から人の意図を理解し活動をサポートするクラウドAIサービス「RECAIUS™(リカイアス)」の機能強化に繋げます。

 本実証実験では、当社ラグビー部を対象に、選手及びボールの追跡と位置推定を行い、プレーを分析します。画像認識技術で試合映像から選手やボールの移動軌跡を仮想二次元フィールドにマッピングするとともに、音声認識技術でレフェリーのホイッスル音を自動検出し、自動で画像にタグを付けることが可能になります。また、ディープラーニングを用いて選手のユニフォームや選手の動きを学習し、人物認識の精度を通常の画像認識よりも向上させました。今後、試合中で重要となる局面での選手の動き出しのタイミングやチームフォーメーションの分析、特定のプレー結果に至る要因の解析を行うシステム開発と実証実験を行い、2019年のラグビーワールドカップに向けて実用化を目指します。

 ラグビーはプレーヤーの数が多く、速い動きで色々な態勢を取り、人が密集して重なったり、ボールが人に隠れて見えなくなったりするシーンがあるなど、他のスポーツにはない競技特性があります。このような特性を持つ対象の映像分析を通じて、画像認識技術や音声認識技術など、「RECAIUS™(リカイアス)」の要素技術の精度向上を図り、他産業へ展開していきます。ラグビーのような多人数の動きを同時に認識する技術を工場の動線管理に、スクラムやモールなど特定プレーを検出する技術を作業内容の検証や作業時間の測定に応用し、製造業の生産性向上に寄与していきます。

注:
画像は斜めからの画角であるが、仮想的にフィールドを真上から見たようにすること。

■RECAIUS™(リカイアス)について

音声や映像から人の意図を理解し活動をサポートするクラウドAIサービスです。当社が長年にわたり研究開発してきた、音声認識、音声合成、翻訳、対話、意図理解、画像認識(顔・人物画像認識)などのメディア知識処理技術(メディアインテリジェンス技術)を融合し体系化しました。RECAIUSは、新しいライフスタイルやビジネスの創出に貢献します(http://www.toshiba.co.jp/cl/pro/recaius/)。

  • ※RECAIUSは、株式会社東芝の商標です。

このページのトップへ

以上