東芝デジタルソリューションズ株式会社

ニュースリリース

2017年2月20日

東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™(リカイアス)」が陣屋コネクトのサービスに採用

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

 当社のコミュニケーションAI「RECAIUS™(リカイアス)」が、株式会社陣屋コネクト(以下、陣屋コネクト社)のクラウド型ホテル・旅館情報管理システム「陣屋コネクト(以下、陣屋コネクト)」の音声活用オプションサービスに採用されました。陣屋コネクト社は、音声活用オプションサービスを2月20日から提供します。

 今回採用されたサービスは、「RECAIUSフィールドボイス インカムEdition」です。本サービスは、タブレットやスマートフォンから入力された音声を自動的にテキストに変換し、利用者同士で情報を共有することができるサービスです。利用者が使う専門用語などの固有名詞をユーザー辞書に登録し、音声認識率を高めることができます。また、タブレットに話した音声を複数のスタッフのタブレットに同時に配信できる機能を備えており、音声でのコミュニケーションも可能です。本サービスを活用することで、現場作業の負荷を減らし、業務効率の向上に寄与します。

 当社と陣屋コネクト社は、2016年10月から鶴巻温泉の老舗温泉旅館「元湯陣屋」で本サービスを搭載したシステムの実証実験注1を行い、音声入力の認識精度や利便性を高めてきました。元湯陣屋では、従来スタッフ間のコミュニケーションに社内SNS用のタブレットと連絡用の音声トランシーバを併用してきましたが、本サービスの導入により次のような効果が認められたため、元湯陣屋への本格導入と、陣屋コネクトの音声活用オプションサービスとしての商品化が実現しました(図1)。

<元湯陣屋での評価>

  • 「タブレットに話すだけでテキストとしてメッセージが残るため、聞き漏らしても相手に聞き返すことが不要になり業務効率が向上した」
  • 「トランシーバ使用時より発話の回数が増え、スタッフ間のコミュニケーションが活性化した」
  • 「トランシーバに比べて通信ノイズが減り、音声がクリアになった」

このページのトップへ

 当社と陣屋コネクト社は今後、蓄積されたテキスト情報、音声情報を分析し、分析結果をスタッフの業務改善に活かしていく実証実験を進めていきます。また、本サービスと株式会社セールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース・ドットコム)のクラウドサービス「Salesforce」のCRM注2 と連携注3 させることで、さらなる顧客対応力の向上を目指します。なお、2月21日から開催される国際ホテル・レストラン・ショーへの陣屋コネクトの出展と連携し、同ブースで音声活用オプションのデモンストレーションや、陣屋コネクト社との共創の取り組みを紹介します。

 今回の音声活用オプションの提供開始にあたり、株式会社陣屋コネクト 代表取締役 CEO and Founder 宮ア 富夫氏は、「この度、東芝のRECAIUSを陣屋コネクトのサービスの一つとして商品ラインナップに加えられることを大変うれしく思います。元湯陣屋での実証実験では、音声の活用により、スタッフの情報入力の手間と画面を見る手間が大幅に軽減されました。ちょっとした気付きもRECAIUSに音声入力するようになり、スタッフ間で取り交わされる情報の質と量が従来に比べ何倍にも膨らんだことで、スタッフの業務効率向上とコミュニケーションの活性化が高まったことを実感しています。陣屋コネクトをご利用いただいている旅館様からも、早く商品化を望む声を多数いただいています。RECAIUSは、ホテルや旅館などのサービス業のホスピタリティを高める画期的なツールと感じています。サービス業全体を底上げできるよう、共にビジネスを創るパートナーとして、おもてなし力のさらなる向上に取り組んでまいります。」と述べています。

 今回の発表にあたり、株式会社セールスフォース・ドットコム 常務執行役員アライアンス本部本部長 手島 主税氏は、「セールスフォース・ドットコムは、RECAIUSが陣屋コネクトの音声活用オプションサービスに採用されたことを歓迎します。お客様との接点である最前線で発生する音声データは、これまでシステムで扱うことが難しいものでした。音声データをシステムで管理・分析・活用することにより、お客様の業務を大きく効率化し、様々な革新を生み出します。このサービスの提供により、お客様のビジネスの成功に貢献することを期待しています。」と述べています。

注1:
2016年10月27日発表
旅館「元湯陣屋」でのRECAIUS音声認識技術を活用したスタッフの業務効率向上の実証実験について
http://www.toshiba.co.jp/cl/news/news20161027-2.htm
注2:
CRM:CRMとはCustomer Relationship Managementの略で、顧客接点での情報を統合管理し、顧客との長期的な関係性を構築、製品・サービスの継続的な利用を促すことで収益の拡大を図るしくみのこと
注3:
今後のSalesforceとの連携:
音声からテキストへ変換された情報をSalesforceの「Chatter」機能(SNSツール)への投稿や現場スタッフからの報告内容をSalesforce のCRMへの格納などを予定

このページのトップへ

図1 陣屋コネクト 音声活用オプションの活用イメージ

このページのトップへ

■陣屋コネクト社 クラウド型ホテル・旅館情報管理システム「陣屋コネクト」について

株式会社陣屋コネクトは、鶴巻温泉・陣屋旅館が実現した、スタッフ間の情報共有・データ一元管理/分析の大幅な効率化のノウハウを他の宿泊施設でも活用してほしいという思いから、クラウド型ホテル・旅館情報管理システム「陣屋コネクト」を開発・販売しています。 「陣屋コネクト」は、Salesforceのプラットフォーム上で稼働するクラウド型ホテル・旅館情報管理システムです。旅館・ホテル・ペンション・医療施設など、全国約200施設が陣屋コネクトを導入しています。

    今回サービスを開始する、音声活用オプションの概要は次の通りです。
  • スタッフがタブレットに話すだけで自動的にテキスト変換され、スタッフ同士の情報共有が可能になります。
  • タブレットに話した音声(生声)を他のスタッフのタブレットに同報で配信できる機能を実装しており、スタッフは音声でのコミュニケーションが可能になります。
  • 音声を聞き漏らした場合でもタブレットで履歴を遡り、音声再生およびテキスト情報を閲覧して内容を確認できます。
  • 利用者が使う専門用語などの固有名詞をユーザー辞書に登録できます。
  • SalesforceのログインIDでのシングルサインオンが可能です。

陣屋コネクト: 
http://www.jinya-connect.com/ 別ウィンドウで開きます

■東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™(リカイアス)」について

音声や映像から人の意図を理解しビジネスと生活の安心・快適な活動をサポートするクラウドサービスです。東芝が長年にわたり研究開発してきた、音声認識、音声合成、翻訳、対話、意図理解、画像認識(顔・人物画像認識)などのメディア知識処理技術(メディアインテリジェンス技術)を融合し体系化しました。RECAIUSは、新しいライフスタイルやビジネスの創出に貢献します。
「RECAIUSフィールドボイス インカム Edition」は、フィールドボイスが持つ「情報共有機能」に特化したサービスです。現場状況をテキストと音声で共有し、現場改善と顧客満足度向上に活用できます。

RECAIUS(リカイアス)ホームページ:
http://www.toshiba.co.jp/recaius/ 別ウィンドウで開きます

RECAIUSフィールドボイス 製品紹介サイト:
http://www.toshiba.co.jp/cl/pro/recaius/lineup/fieldvoice.html

RECAIUSは、株式会社東芝の商標です。
陣屋コネクトは、株式会社陣屋コネクトの商標です。
Salesforceは、salesforce.comの商標です。

 

このページのトップへ

 


以上