東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

Security Solutions

電子入札用LDAPプロキシパッケージ 〜企業内ネットワークから政府電子入札が可能に〜

電子入札用LDAPプロキシパッケージ」は、東芝デジタルソリューションズ株式会社が開発した電子入札用LDAPプロキシサーバソフトと基本セットアップサービス、およびTDBのTypeA (注1) クライアントソフトに対する機能追加モジュールから構成されるパッケージです。
これを用いて電子入札用LDAPプロキシサーバを構築し、TypeAクライアントにプロキシ対応機能を追加すると、従来困難であった企業内ネットワークから政府電子入札を行うことが可能になります。
これにより、政府電子入札システムを導入するコストが低減され、企業のセキュリティポリシーの大きな変更も不要になりますので、より手軽に政府電子入札を行うことが可能になります。

電子入札コアシステム(注2)対応クライアントが外部と通信する方式として定められているプロトコルLDAP (注3) は、多くの企業ではファイアーウォールを通過することができないため、企業内ネットワークと別のインターネット回線を用意するか、あるいは企業のセキュリティポリシーを大幅に見直す必要がありました。

「電子入札用LDAPプロキシパッケージ」は、TypeAクライアントと外部とのLDAP通信を中継することにより、専用インターネット回線を必要とせず、企業のセキュリティポリシーを大幅に変更することなく、企業内のイントラネットにあるPCから電子入札が可能となります。

■製品概要

製品概要
製品名 電子入札用LDAPプロキシパッケージ
対応電子入札システム 電子入札コアシステムを採用している発注機関のうち、受注者側の環境にLDAPが必要となる電子入札システムに対応
電子入札コアシステムを採用している発注機関の一覧はこちら(株式会社帝国データバンクのサイトへ)
内容 (1) 電子入札用LDAPプロキシサーバソフトウェア(東芝デジタルソリューションズ株式会社製)
動作環境 CPU:1.4GHz以上(x64)、メモリ:512MB以上、HDD:40GB以上
OS: Windows Server® 2008 R2/Windows Server®2012 R2
   Webサーバ:IIS 7.5/IIS 8.5
(2) LDAPプロキシサーバ基本セットアップサービス(東芝デジタルソリューションズ株式会社製)
対象機種 東芝 MAGNIA シリーズ他
(3) TDB認証サービスTypeA機能追加モジュール(帝国データバンク製)
動作環境 TDB電子認証サービスTypeAクライアントに準じる
媒体 CD-ROM

▲このページのトップへ

■電子入札用LDAPプロキシと電子入札の基本構成図

電子入札用LDAPプロキシと電子入札の基本構成図

(注1)TDB電子認証サービスTypeA(株式会社帝国データバンクのサイト)
TDBが、電子署名法に基づく特定認証業務の認定を受け、企業が電子入札を行う時に入札者本人を認証する電子証明書をICカードに格納して発行するサービスです。
(注2)電子入札コアシステム(電子入札コアシステム開発コンソーシアム事務局のサイト)
(財)日本建設情報総合センター及び、(財)港湾空港建設技術サービスセンターが中心となって設立された『電子入札コアシステム開発コンソーシアム』により開発された電子入札システム。
各種の公共発注機関に適用可能な汎用性を備えたシステムとして、今後、各省庁や自治体、また各種団体(公団等)への普及が期待されています。
(注3)LDAP
Lightweight Directory Access Protocol: (RFC2251)
ディレクトリサービスにアクセスするための軽量プロトコル。
政府認証基盤(GPKI)では、電子証明書の有効性確認を行うために総務省や民間認証局が用意しているリポジトリサーバへの通信方式として標準化されています。

※資料の内容はお断りなしに変更する場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ
Copyright