本文へジャンプ

クラウドストレージアレイサービス

トピックス

クラウドストレージアレイサービス

多様化するニーズに応じたストレージサービスの実現には多くの時間とコストがかかります。
東芝クラウドストレージアレイサービスは、クラウド事業者様・プライベートクラウドの管理者様向けに、柔軟でコストパフォーマンスに優れ、運用が容易で可用性の高いストレージサービスを提供します。

特長

柔軟性

お客様の物理サーバー/仮想サーバーの近くにストレージクラスター(HDD/SSDデバイスのリソースプール)を設置し、Software Defined Storage技術により仮想化されたストレージアレイを提供します。iSCSI/NFSでの接続が可能です。物理的なストレージアレイと異なり、ニーズに応じ、性能と容量を柔軟に変更できます。

高いコストパフォーマンス/セキュリティ

従量課金でのサービス提供により、投資コストが低減されます。CPU、メモリ、キャッシュ、ディスクドライブが個々の仮想ストレージアレイに専有的に割当てられるため、性能干渉が無く、高性能で高セキュリティな専用ストレージとして利用できます。

運用容易性

ポータルでのGUI操作やREST APIによる仮想ストレージアレイの容易な管理運用が可能です。

 

このページのトップへ

高可用性

仮想ストレージアレイはストレージクラスター内で冗長構成を取っており、可用性の高いサービスを実現しています。

図:機能概要

 

このページのトップへ

利用方法(オンプレミス)

図:利用方法(オンプレミス)

 

 

  • 本内容は予告なく変更する場合があります。
  • 本記載の機能に関しては、事前に運用評価が必要なものもございますのでご確認ください。
  • その他詳しい使用環境、仕様等につきましては別途お問合せください。
  • 本サービスではZadara Storage 社の提供するソフトウェアを利用しております。
Powered_by_Zadara

東芝ストレージソリューションFacebookへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。