Toshiba Total Storage Platform

製品


Home > 製品 > フラッシュアレイストレージ FL7000

フラッシュアレイストレージ FL7000

FL7000

フラッシュメモリ技術でデータベースやアプリケーションを高速化
エンタープライズ用途に適したデータ管理・削減機能を搭載し、
幅広いニーズに応える高速ストレージ

FL7000は東芝製NANDフラッシュメモリを搭載したフラッシュアレイストレージです。3Uのコンパクトな筐体で、100万IOPS*1とマイクロ秒単位の低レイテンシを実現します。高速化が求められるデータベース、アプリケーションにはもちろん、ストレージ統合や仮想デスクトップ用途にも適しています。 さらに、エンタープライズ用途に適したデータ管理・削減機能を搭載しています。

*1:IOPS: Input/Output operations Per Second の略で、1秒間当たりの処理性能を示す指標です。

特長 1高性能の実現

東芝製NANDフラッシュメモリを搭載しているFL7000は、FL6000と同様に従来のHDD約5,000台に相当する最大100万IOPSの高性能を実現しています。FL7000を導入することでストレージがボトルネックとなることが多いデータベースやメッセージングアプリケーションなど企業の基幹アプリケーションのパフォーマンスを向上します。その他バッチ処理やビジネスインテリジェンス、データウェアハウス(DWH)などの処理についても同様にパフォーマンスを向上します。

特長 2高信頼設計

FL7000は、フラッシュメモリに最適化した専用オペレーティングシステムや独自のRAID機能「vRAID」などのソフトウェア技術により高い信頼性と長寿命を実現しています。
また、メモリモジュール、コントローラー、電源、ファン等の主要なコンポーネントを冗長化し、単一障害点を無くした高信頼設計になっております。オンライン保守も可能で、連続稼働が求められるエンタープライズ向け製品です。

特長 3省電力/省スペース

3Uの筐体に最大64TiB/70TB*2のフラッシュメモリ容量をサポート、従来のHDDストレージと同等の容量/性能で比較した場合、大幅な省電力・省スペース化を実現します。

*2:1kByte=1,024Byteとして計算した数値をTiB、1kByte=1,000Byteとして計算した数値をTBとして記載しています。

省電力/省スペース

特長 4充実のデータ管理機能・運用管理機能

スナップショットやレプリケーションなどエンタープライズストレージに求められる主要データ管理機能をサポートします。また、シンプルな画面操作で装置の稼働状況や性能の監視、分析、レポートの作成が可能な
運用管理ソフトウェアを標準添付しています。

データ管理機能・運用管理機能

特長 5データ削減機能でストレージ利用を効率化

ボリューム単位で選択できるデータ削減機能を標準でサポートし、ストレージ利用を効率化できます。

特長 6オンラインでの容量拡張

モデル7300E-10、17、26およびモデル7300-35、52は、オンラインでの容量拡張に対応しています。
導入後の容量増加が必要になった場合に、容量拡張オプションによって段階的に使用可能容量を拡張することができます。

上記モデルについては、購入後定期的に装置ログを当社に送付いただく必要があります。
詳細についてはお問い合わせください。

仕様

仕様に関する詳細な情報については、以下のページをご覧ください。

※本サイトの内容は予告なく変更する場合があります。
※本サイトに表記されている数値および表現は平成28年3月31日現在のものです。

このページのトップへ