本文へジャンプ

特長

Meister PJMサイクル

計画〜最適なものづくりプロセスの標準化

プロジェクトサイクルによって最適なプロセスを創出し、標準化することで、精度の高いプロジェクトの垂直立ち上げが可能です。また過去のプロジェクトの資産(知識・教訓・ノウハウ)を流用し、プロジェクトの品質向上にも貢献します。

遂行〜属人的な技術ノウハウの継承

設計プロセスに沿って、設計の足跡とノウハウを蓄積し、継承することで、効率よく質の高い成果物の作成を可能にします。担当者の負荷を軽減し、企業全体の技術力の底上げを実現します。

管理〜様々なリスクの早期発見と対策

複数プロジェクトの状況が一目でつかめ、様々な切り口(進捗・リソース・コスト・品質)からリスクや課題の早期発見対応です。可視化された情報を把握し、迅速なアクションによりリスクを早期回避できます。

システム構成図

図:「ProjectMiester®システム構成図」

※注意
イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合
もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

次世代ものづくりソリューショントップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。