本文へジャンプ

次世代マルウェア対策ソフトウェア CylancePROTECT

CylancePROTECT とは

CylancePROTECTは、AI(人工知能)技術を活用し、未知の脅威にも対応した次世代マルウェア対策ソフトウェア(アンチウイルスソフトウェア)です。検知した脅威は、PCなどエンドポイントデバイス上で実行前にブロックすることができるため、ランサムウェアのようなマルウェアにも有効です。
東芝グループでは、2016年6月よりCylancePROTECTの自社導入を開始し、現在約5,500台規模で運用を行っています。その知見を活かし、お客様に代わってCylancePROTECTの運用を行うサービスを併せてご提供します。

導入・運用サポートを詳しく見る

CylancePROTECTの特長

  • AI(人工知能)により機械学習されたデータモデルで、99.7%の高い脅威検知率を実現(Cylance社公表値)
  • 検知した脅威はエンドポイントデバイス上で実行前にブロック。ランサムウェアのようなマルウェアも防御
  • パターンファイルやシグニチャを持たず定時スキャンが不要。エンドポイントデバイスでの軽い動作を実現
  • モバイル環境やインターネット接続のないエンドポイントデバイスでも検知可能
  • 管理機能がクラウドで提供されるため、オンプレミスの管理サーバーが不要となり、運用管理コストを低減

従来型アンチウイルスによる防御

CylancePROTECTの仕組み

Cylance(サイランス)社では、専門家により選定された悪いファイル/良いファイル各2億5千万個を人工知能システムINFINITYに機械学習させたデータモデルを生成します。このデータモデルを核にしたものが、CylancePROTECTのエンドポイントエージェントです。
CylancePROTECTは、侵入したファイルに対して約700万点に及ぶ特徴点での高速解析が行われ、脅威度を判定します。解析の結果、有害なファイルを検知した場合は、エンドポイントでの実行をブロックします。
このような仕組みにより、既知のマルウェアのみでなく、従来のマルウェア対策製品では検知が難しかった未知マルウェアまで高い精度で検知・防御でき、エンドポイントの安全性を高めます。

CylancePROTECTのAIによる脅威予測防御

導入・運用サポートサービスを提供

東芝グループが自社実践で培った、自らを守り、そこで得られた知見をお客様にご提供します。

設計・構築サービス

導入に先立ち事前に行っておくべき設計作業や、お客様の環境に適用した構築・展開を支援します。

チューニングサービス

お客様環境にCylancePROTECTを導入する際、ファイルをブロックしない「検知モード」で実環境のチェックを行います。検知されたファイルを分析し、マルウェアかどうかを判断します。この分析結果をお客様環境に反映し、業務への影響を最小化します。

運用サービス

当社がお客様に代わり、24時間対応でCylancePROTECTの運用を行います。
CylancePROTECTが検知した脅威に対して、当社のセキュリティ技術者が分析、お客様環境に反映し、お客様業務への影響を最小化します。また、マルウェア検知数など運用状況の簡易レポーティング(月1回)、および問い合せ対応を行います。

運用イメージ

トピックス

イベント2017年9月6日

2017年9月27日(水)~29日(金)にJRタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)にて開催される 「Security Days Fall 2017 Tokyo 」(別ウインドウで開きます)において、次世代マルウェア対策ソフトウェアCylancePROTECTを展示します。 ぜひ、東芝デジタルソリューションズブースにご来場ください。

カタログ

資料サムネイルイメージ

製品カタログ

別ウィンドウで開きます PDFファイル:782KB

資料ダウンロード

次世代マルウェア対策ソフトウェアのご案内資料をダウンロードいただけます。

  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

ぜひ当社セキュリティソリューション担当にご相談ください。

※ Cylance、CylancePROTECTは、Cylance,Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 本内容に表記されている表現は2017年6月20日現在のものです。

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。