ホーム > 企業情報 > 環境活動 > 環境コミュニケーション

環境コミュニケーション


東芝インフラシステムズ(株)グループでは、すべてのステークホルダーの方々とパートナーシップを築き、より良い環境活動を行う為に、情報開示と対話に努めています。

2016年度

(株)東芝とNECが共同で環境活動を実施

2016年7月23日

東京都府中市の浅間山(せんげんやま)にて、府中市に拠点を持つ(株)東芝と日本電気(株)(以下NEC)の社員とそのご家族など33名が集まり、森林保全活動と自然観察会を行いました。両社が合同で行うこの環境活動は、2014年9月に引き続き2回目です。

「浅間山保全活動のために集まったメンバ」の写真
浅間山保全活動のために集まったメンバ

「駆除した外来種(写真左:ブタクサ、右:ワルナスビ)」の写真
駆除した外来種(写真左:ブタクサ、右:ワルナスビ)

午前中は、日頃から浅間山を管理されている浅間山自然保護会および公園レンジャーの方々にレクチャーを受けながら、森の縁にある草原に生えている外来種の駆除を行いました。駆除したのは、秋の花粉症の原因としても有名な「ブタクサ」と、繁殖力の強い「ワルナスビ」の2種。ブタクサは簡単に抜けましたが、ワルナスビは茎に鋭いトゲがたくさんある上に根っこがなかなか抜けず一苦労でした。

「葉っぱプリント制作中」の写真
葉っぱプリント制作中

「できあがった作品」の写真
できあがった作品

「ヤマユリの花」の写真
ヤマユリの花

昼休みには、生の葉っぱを布にこすりつけて作る「葉っぱプリント」を制作して楽しみました。
午後には公園レンジャーさんをリーダーに自然観察会を実施。夏の浅間山を代表するヤマユリの花を見たり、仕掛けを使って場所により生息している虫が異なることを確かめたり、盛りだくさんな一日でした。
東芝は、地域の環境活動が盛んになることを願っており、これからも、府中エリアにおける環境活動・地域貢献を続けていく計画です。

(株)東芝小向事業所「緑のカーテン活動」

2016年5月11日

(株)東芝小向事業所では、2011年から毎年、省エネ活動の一環として、ゴーヤなどを使った緑のカーテン活動を実施しています。多くの従業員が参加しての苗植え会、収穫祭、社員食堂でのゴーヤ提供イベントなどを通じて、環境コミュニケーション活動を楽しみながら行っています。
2016年5月には外部講師を招き、学習も兼ねた苗植え会を実施。63名の従業員で、12基のプランターにゴーヤの苗24本を植えました。

「(株)東芝小向事業所「緑のカーテン活動」」の写真

「(株)東芝小向事業所「緑のカーテン活動」」の写真

このページのトップへ

2015年度

東芝環境ソリューション(株)「神奈川県環境インターンシップ受け入れ」

2015年8月〜9月

神奈川県では、県内の大学生や大学院生が環境問題に関する知識とその解決に必要な意欲および実践的能力を身につけることを目的に、環境に関する取り組みを積極的に行っている企業で就業体験を行う「神奈川県環境インターンシップ」を実施しています。
東芝環境ソリューション(株)では、2010年度から毎年、この体験の場を提供。環境人材の育成に貢献しています。

「東芝環境ソリューション(株)「神奈川県環境インターンシップ受け入れ」」の写真

「東芝環境ソリューション(株)「神奈川県環境インターンシップ受け入れ」」の写真

西日本家電リサイクル(株)「リサイクル&エネルギーを学ぼう親子探検ツアー」

2015年7月〜8月

夏休み期間中に多くの方にリサイクルを身近に感じて頂く為、毎年、北九州エコタウンセンターのご協力により『夏休み親子探検ツアー』を実施しています。使用済み廃家電として出された家電の受入、解体、分別・資源化される現場を見学いただくプログラムです。自分達が普段使っている家電製品がリサイクルされる現場を目の前で見て、その迫力と作業の細やかさを実感いただいています。

「西日本家電リサイクル(株)「リサイクル&エネルギーを学ぼう親子探検ツアー」」の写真

「西日本家電リサイクル(株)「リサイクル&エネルギーを学ぼう親子探検ツアー」」の写真

このページのトップへ

2014年度

(株)東芝・東芝ライテック(株)「下永谷小学校で環境出前授業」

2014年11月28日

(株)東芝と東芝ライテック(株)の従業員が、横浜市にある下永谷小学校の4年生に、地球温暖化防止と企業の環境への取り組みについての「環境出前授業」を行いました。この授業は、日本最大級の環境展示会である「エコプロダクツ展」を見学する小学生に対して、事前学習として実施したものです。授業に参加したのは、4年2組の児童35名。最初に、エコプロダクツ展の協力団体である(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会が地球温暖化問題などの環境教育を実施。その後、当社から、企業の環境への取り組みと、環境性能に優れた東芝製品を紹介。2014年に青色LEDのノーベル賞受賞で話題になったLED電球を使い、光の三原色を使った調色や電球からの発熱温度の測定、手回し発電機での点灯などの実験を行い、電気を節約するとCO2排出が減ることや、環境活動の意義について学習していただきました。
子供たちからは、「LEDはこんなに役立っているんだなと初めて知りました」「色々な実験ができて楽しかった」などの感想が寄せられました。

「理科室に集まった子供たち(11月28日)」の写真
理科室に集まった子供たち(11月28日)

「見たり、触ったり、動かしたり。数々の実験でエコを体感(11月28日)」の写真
見たり、触ったり、動かしたり。数々の実験でエコを体感(11月28日)

「青色、赤色、緑色LEDで調色を楽しむ(11月28日)」の写真
青色、赤色、緑色LEDで調色を楽しむ(11月28日)

事前授業で学んだ子供たちは、12月12日に「エコプロダクツ2014」の東芝ブースほかを訪問。真剣に説明を聞き、ノートに書き込んで、環境に対する理解を深めていました。エコプロダクツ展の見学を終えた子供たちからは、「CO2を減らす色々な方法がわかったので、気を付けようと思った」「いろいろエコなグループが集まっていて、おもしろく、わかりやすかった」などの感想をいただきました。

「エコプロダクツ2014の会場でもたくさんのエコを発見(12月12日)」の写真
エコプロダクツ2014の会場でもたくさんのエコを発見(12月12日)

「近隣の横浜事業所のビオトープに興味津々(12月12日)」の写真
近隣の横浜事業所のビオトープに興味津々(12月12日)

「エアコンの消費電力について学習(12月12日)」の写真
エアコンの消費電力について学習(12月12日)

(株)東芝府中事業所とNECが共同で生物多様性保全活動を実施

2014年9月27日

東京都府中市にある浅間山(せんげんやま)は、住宅街の真ん中にあって、たくさんの生き物たちの拠り所となっている自然の宝庫です。地域の貴重な財産であるその浅間山で、府中市に拠点を持つ東芝と日本電気(以下NEC)の従業員など総勢60名が集結し、森の下草刈りを行いました。

「全員集合!」の写真
全員集合!

「一列に並んで草を刈ってゆきます」の写真
一列に並んで草を刈ってゆきます

「軍手はヌスビトハギとキンミズヒキの種まみれ」の写真
軍手はヌスビトハギとキンミズヒキの種まみれ

下草狩りは、この山を日頃から管理されている浅間山自然保護会、公園レンジャーさんにレクチャーを受けながら実施。里山を手入れすることの苦労と大切さを学びました。下草狩りの後は、どんぐり細工を作ったり、山を歩き回って様々な植物や昆虫を観察して自然を満喫しました。
東芝もNECも、地域の環境活動が盛んになることを願っており、これからも、府中エリアにおける環境活動・地域貢献を続けていく計画です。

「葛のつるでリースを作ります」の写真
葛のつるでリースを作ります

「どんぐりで「やじろべえ」作り」の写真
どんぐりで
「やじろべえ」作り

「自然観察会で見たアキアカネとウラギンヒョウモン」の写真
自然観察会で見たアキアカネとウラギンヒョウモン

西日本家電リサイクル(株)「ゴミ0の日に清掃活動」

2014年6月17日

「感謝状」の写真

西日本家電リサイクル(株)では、北九州市が定めた「ゴミ0の日」にちなみ清掃活動を実施、約40人の従業員が参加しました。同社では、6月だけでなく、毎月、工場および工場周辺の清掃活動を行っており、2014年1月には、北九州市より、美しいまちづくりへの貢献を称える感謝状を戴きました。

「西日本家電リサイクル(株)「ゴミ0の日に清掃活動」」の写真


東芝ライテック(株)「ハマカンゾウの保護活動」

2014年5月18日

東芝ライテック(株) 横須賀事業所では、2012年4月より、三浦半島小網代で盗掘被害に遭っているユリ科の植物「ハマカンゾウ」28株を事業場内に移植し、保護しています。移植したハマカンゾウは順調に生育し、100株まで増殖しました。今後、順次小網代へ成長した株を戻していきますが、その第1回目として、5月18日に、60名の従業員が参加し返還式を開催しました。

「東芝ライテック(株)「ハマカンゾウの保護活動」」の写真

「東芝ライテック(株)「ハマカンゾウの保護活動」」の写真

「ハマカンゾウの花」の写真
ハマカンゾウの花

東芝キヤリア(株)「環境学習会・施設見学会の実施」

2014年4月19日

東芝キヤリア(株) 掛川事業所では、毎年、菊川市生活環境部環境推進課と協力し、菊川市の環境学習イベントとして、環境学習会・施設見学会を実施しています。今年度は、昨年10月に稼働を開始した大規模太陽光発電施設、省エネ大形空調システムの開発施設の見学を中心に、東芝キヤリアの環境への取組みを紹介しました。また、ヒートポンプのしくみや家庭でできる省エネのコツなど、生活に直結した環境学習会を開催しました。

「東芝キヤリア(株)「環境学習会・施設見学会の実施」」の写真

「東芝キヤリア(株)「環境学習会・施設見学会の実施」」の写真

「東芝キヤリア(株)「環境学習会・施設見学会の実施」」の写真

東芝キヤリア(株)「自然観察会の実施」

2014年4月18日

東芝キヤリア(株) 津山事業所では、今回で3回目となる構内での自然観察会を実施しました。講師は、2013年度に構内の生物調査をお願いした岡山県環境保全事業団の池本先生。過去2回は従業員のみの参加でしたが、今回は津山市役所職員2名をお招きし、総勢約30名が参加しました。サクラ22本、コナラ20本の植樹も行いました。

「東芝キヤリア(株)「自然観察会の実施」」の写真