ホーム > 企業情報 > 環境活動 > 製品による取り組み

製品による取り組み


環境調和型製品(ECP)とは

ECP(Environmentally Conscious Products:環境調和型製品)とは、材料調達・製造・流通・使用・廃棄・リサイクルといった製品ライフサイクル全体を通して、環境に配慮した製品のことです。製品の環境配慮要素には、地球温暖化防止・資源有効活用・化学物質管理があります。この3つの要素を盛り込んだ総合的な環境性能を環境自主基準(ECP基準)として設定し、すべての開発製品がECP基準を満たしていることを確認します。

環境性能No.1製品(エクセレントECP)の創出

東芝グループでは、開発するすべての製品で「環境性能No.1」を追求し、製品ライフサイクルで環境負荷低減をめざすため、製品の企画段階からecoターゲットを設定しています。さらに、製品ライフサイクルの各段階においてECP基準を満たし、製品リリース時に環境性能No.1を達成している製品を「エクセレントECP」として認定しています。
東芝インフラシステムズ(株)グループも、持続可能な資源循環型社会の構築に向けて、エクセレントECPの創出拡大に取り組んでいます。

エクセレントECP創出の基本方針 イメージ