ホーム > LED照明事業に関する一部報道について

LED照明事業に関する一部報道について

2015年11月9日

 日経ビジネス11月9日号に『東芝、LED撤退の教訓』との記事が掲載されました。
これは、先に当社が発表したディスクリート半導体の構造改革(白色LED事業を終息、パワー半導体事業等に経営資源を集中)から、東芝ライテックがLED照明事業を終息するものと誤解し、当社への裏付けも取らずに推測によって書かれたもので、東芝がLED照明事業から撤退する事実はございません。

 東芝ライテックのお客様やお取引様、従業員とその家族への影響を無視できませんので、日経ビジネスにお詫びと訂正を強く要請しています。

 今年は、1890年に東芝の創業者のひとりである藤岡市助博士が日本で初めて白熱電球を製造するために「白熱舎」を設立してから、125周年にあたります。当社は今後とも、あらゆるシーンに最適なあかり製品とソリューションの提供に注力していきます。