ホーム > 東京メトロ銀座線向けに非常走行用電源装置を納入

東京メトロ銀座線向けに非常走行用電源装置を納入
−リチウムイオン二次電池「SCiB™」により停電時にも乗客輸送用の電力を供給−

2016年6月14日

当社は、東京地下鉄株式会社の銀座線1000系車両向けに、高い安全性と耐低温特性が特長のリチウムイオン二次電池「SCiB™」と充放電制御装置を組み合わせた非常走行用電源装置を納入しました。本装置は、3月から順次納入を開始しており、搭載車両は、4月から営業運転を開始しています。当社製の非常走行用電源装置が営業車両に搭載されるのは、今回が初めてです。

今回納入するのは、40編成分の非常走行用電源装置です。蓄電池には、酸化物系材料などにより、外力などで内部短絡が生じても熱暴走を起こしにくい構造の「SCiB™」を採用し、高い安全性を実現しています。また「SCiB™」は、耐低温特性も備えており、真冬の氷点下であっても、十分な性能を発揮することができます。今回、地下鉄の非常走行用電源装置に要求される安全性と信頼性を高水準で満たしていることが評価され、受注に至りました。

本装置は、平常時に架線からの電源で「SCiB™」に蓄電し、停電など非常時に、車両の主回路へ電力を供給します。本装置を導入することにより、停電が発生しても、乗客を最寄り駅まで送り届けるのに必要な電力が車両へ供給されます。また、従来外部電源を使用して車庫から出場を行っていた車両の電力も供給することが可能です。

当社は今後も、先進的な鉄道車両用システムを国内外で展開し、安全性と利便性を両立した鉄道輸送の実現に貢献していきます。また、系統用蓄電池システム、アイドリングストップシステム、EVバスシステムなど、さまざまな用途で展開している「SCiB™」の販売拡大を目指します。

SCiB™のイメージ図
SCiB™ イメージ

非常走行用電源装置のイメージ図
非常走行用電源装置 イメージ