ホーム > 二次電池SCiB™ 高入出力タイプ10Ahセルを新たにラインナップ −スズキの新型ワゴンR マイルドハイブリッドシステムに採用−

二次電池SCiB™ 高入出力タイプ10Ahセルを新たにラインナップ
−スズキの新型ワゴンR マイルドハイブリッドシステムに採用−

2017年2月15日

SCiB™ 10Ahセル イメージ
SCiB™ 10Ahセル

 当社は二次電池「SCiB™」の新製品10Ahセルをラインナップに追加しました。現行2.9Ahセルのさらなる大型化の市場要望に応え、容量・入出力を3倍以上に高めました。10Ahセルは急峻なエネルギーの入出力が必要な車両のアイドリングストップシステムや鉄道・産業機器の回生電力利用などに最適です。

 また今回、10Ahセルがスズキ株式会社の新型「ワゴンR」に搭載されるマイルドハイブリッドシステムのバッテリーに採用されました。高入出力性能に加えSCiB™の持つ長寿命性能、安全性、品質に対する信頼性が評価され採用に至ったものです。新型ワゴンRでは、従来システムの約3倍の容量の電池を採用し、電装品への供給や加速時のモータアシストへの利用などにより、軽ワゴンNo.1注1の低燃費33.4km/L注2に貢献しています。

 SCiB™セルは、負極にチタン酸リチウムを採用することにより、急速充電性能、長寿命性能、低温下でも短絡や劣化の原因となるリチウム金属が析出しにくい低温性能、高い安全性能などの特長を持ちます。当社は、今後も効率的なエネルギーの活用を実現する製品群を積極的に開発し、国内外の事業者様向けに展開していきます。

東芝SCiB™セル ラインナップ イメージ
東芝SCiB™セル ラインナップ

* 10Ahセルは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業の成果を(一部)活用しています。

注1
軽ワゴン=全高1,550mm以上の軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)。2017年2月現在、スズキ株式会社調べ。
注2
燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)。HYBRID FX(2WD車)、HYBRID FZ(2WD車)、ワゴンRスティングレー HYBRID X(2WD車)。