ホーム > DBO方式による全国初の合流式ポンプ場事業に参画 「宇部市公共下水道玉川ポンプ場事業」に関する契約を締結

DBO方式による全国初の合流式ポンプ場事業に参画
「宇部市公共下水道玉川ポンプ場事業」に関する契約を締結

2017年11月13日

 東芝インフラシステムズ株式会社(代表取締役社長:秋葉慎一郎)(以下、「当社」)を含む民間企業グループは、山口県宇部市との間で「宇部市公共下水道玉川ポンプ場事業」(以下、「本事業」)に関する契約を締結しました。
 本事業は公共団体が資金を調達し、民間事業者が設計・建設から維持管理業務を一体的に行うDBO方式のプロジェクトであり、合流式ポンプ場注1整備案件としては全国初の事例です。

 宇部市の公共下水道は事業着手から70年近く経過しており、施設や管渠(排水路)の老朽化が進んでいます。本事業は、既設の栄川ポンプ場(昭和32年供用開始)と鵜の島ポンプ場(昭和42年供用開始)の老朽化にともない両ポンプ場を廃止し、それらの機能を統合して新たに玉川ポンプ場を整備するものです。
 なお、本事業は「民間資金等の活用による公共施設等の整備の促進に関する法律」(PFI(Private Finance Initiative)法)を参考に宇部市が資金調達を行い、当社を含む民間企業グループが設計・建設から維持管理業務を一体的に行います。民間の技術力やノウハウを活用することで、事業費のコスト削減や、質の高い公共サービスの提供が期待されています。

 本事業において、当社は、主にポンプ場の電気設備の設計・製作・据付工事・試運転及び運転維持管理業務を担当しています。運転管理業務においては、IoTを活用し、「降雨量や雨水流入量の予測による雨天時の最適人員配置」、「浸水防除を図る雨水ポンプ制御」、「精度の高い設備診断技術を活用したストックマネジメント」等の業務効率化の実現により、宇部市下水道事業の安定性・持続性確保に貢献します。

<IoTを活用した業務効率化例>
<IoTを活用した業務効率化例>

 近年、下水処理施設や雨水排水施設の整備・維持管理において、民間活力の導入の増加が見込まれています。当社は下水道ポンプ場施設の電気設備において豊富な納入実績を有しており、生活に欠かせない公共インフラを支えるべく取り組んでまいりました。今後も当社の取り組みを通じ、安心、安全で質の高い公共サービスの持続に貢献してまいります。当社は長年培った技術力や事業経験を活かすことで、事業費のコスト低減と事業の安定性・持続性確保を実現することで、安心、安全を提供し宇部市に貢献してまいります。

※1
合流式ポンプ場・・・汚水と雨水の排除機能を持つポンプ場

本事業の概要

事業名:
宇部市公共下水道玉川ポンプ場事業
事業内容:
玉川ポンプ場及び合流幹線管渠の設計及び建設
栄川ポンプ場及び鵜の島ポンプ場(以下「既設ポンプ場」)の撤去
玉川ポンプ場の維持管理
事業期間:
平成29年10月〜平成56年3月
【設計・建設期間】平成29年10月〜平成37年3月(既設ポンプ場撤去を含む)
【維持管理期間】平成36年4月 〜平成56年3月
事業方式:
DBO方式(Design Build Operate)
※維持管理は、特別目的会社(SPC)を設立し運営
施設能力:
計画下水量:22.245m3/秒
契約金額:
約165億円
構成員:
三井住友建設株式会社(代表企業)、株式会社クボタ、東芝インフラシステムズ株式会社、日本水工設計株式会社、クボタ環境サービス株式会社

<宇部市玉川ポンプ場のイメージ図>
<宇部市玉川ポンプ場のイメージ図>