ホーム > 二次電池「SCiB™」の次期新幹線車両「N700S」確認試験車への採用について

二次電池「SCiB™」の次期新幹線車両「N700S」確認試験車への採用について

2018年3月10日

 当社が開発したリチウムイオン二次電池「SCiB™」が東海旅客鉄道株式会社殿(以下JR東海)の次期新幹線車両「N700S」の確認試験車の補助電源用バッテリーに採用されました。「SCiB™」の高速鉄道車両への適用は、今回が初めてとなります。

 N700Sは、更なる安全性、安定性の向上と省エネルギー化に加え、徹底した装置の小型・軽量化を実現する車両であり、従来採用されていた鉛電池と比較し、大幅な小型・軽量化を実現できる当社の「SCiB™」が、N700Sのより一層の小型・軽量化に加えて、長時間停電時における機能向上に貢献しました。

 さらに、当社とJR東海では、「SCiB™」を用いたバッテリー自走システムを共同開発しており、地震などによる長時間停電等においても、自力走行により安全な場所まで移動できることを目指して開発を進めています。「N700S」確認試験車では、バッテリー自走システムを用いた自力走行の検証を予定しており、異常時における乗客の安全性確保ならびにサービス向上に寄与します。

 「SCiB™」は、高い安全性、1万回以上の充放電が可能な長寿命、-30℃の環境下にも耐え得る低温度動作などの優れた特性があり、特に安全性においては、外圧が加えられて内部短絡が生じても異常発熱や発火を起こしにくい構造となっている為、今後高い安全性が必要とされる鉄道車両への適用が期待されています。
 当社は、「SCiB™」を用いた電源・蓄電システムにより新しいソリューションをご提案していくとともに、今後も先進的な鉄道車両用システムを国内外で展開し、安全性と利便性を両立した鉄道輸送の実現に貢献していきます。

今回採用された電池モジュール
今回採用された電池モジュール

「SCiB™」セル
「SCiB™」セル