Japan

CSR 企業の社会的責任
人と、地球の、明日のために。

CSRマネジメント

東芝グループのCSR経営は、すべての企業活動の基盤であり、「生命・安全、コンプライアンスを最優先」に「事業を通じて、グローバルな社会の課題解決に貢献」していくことで、持続可能な社会の発展に貢献するものです。活動にあたっては、お客様、株主・投資家、調達取引先、従業員など、企業をとりまくさまざまなステークホルダーとコミュニケーションをとりながら、従業員一人ひとりが「東芝グループ行動基準」に基づいて行動します。

東芝グループのCSR経営

東芝グループのCSR経営

このページのトップへ

CSR推進体制

東芝グループは、2003年からCSRを推進する組織を設置し、全グループの推進体制を整備しています。CSR担当役員をはじめ、関係役員で構成するCSR推進委員会を定期的に開催し、東芝グループの活動方針を審議・決定します。決定した方針に沿って、地球環境会議、リスク・コンプライアンス委員会などが、各所管のテーマごとに主要評価指標 (KPI: Key Performance Indicator) に基づく取り組み指標を策定し推進しています。
社内カンパニー、国内外のグループ会社にCSR推進責任者を選任し、東芝グループのCSR経営の活動方針を徹底するとともに、カンパニー重点テーマの進捗について確認しています。
また、毎月、人事・環境・調達などCSR関連部門が出席するコーポレートCSR会議を開催し、活動内容を確認しています。

CSR推進体制

CSR推進体制

このページのトップへ

モニタリングの実施

海外グループ会社のCSR活動状況を確認し、改善を図ることを目的に、2005年度から毎年「グローバルCSR調査」を実施しています。
調査は、人権・労働・倫理、社会貢献活動支出額、調達取引先の管理などに関する項目で構成しています。
海外グループ会社から提出された回答は、集計・分析した上でその結果を管轄する部門と共有し、問題のある箇所については改善を要請しています。

このページのトップへ

従業員への啓発

東芝グループ全体にCSR意識を高めるために、期初や会社記念式、年頭挨拶などのあらゆる機会に、社長が東芝グループ経営理念および東芝グループスローガン「人と、地球の、明日のために。」について伝えるとともに、CSR経営の実践およびその重要性について強調しています。その概要は、国内外の拠点やグループ会社に対して、社内報や職制を通じて周知しています。また、新入社員・新任役職者など階層別CSR教育や、環境、情報セキュリティ、人権、技術者倫理などテーマ別のe-ラーニングを通年で実施しています。

CSR月間・CSR大会

2006年度から、毎年12月を東芝グループのCSR月間と定めています。期間中、CSRの取り組みについて総点検するとともに、CSR大会など各種全社行事や、グループ会社・事業場ごとの社会貢献活動などを集中的に実施しています。2016年度は東芝グループの信頼回復と再生に向けて、果たすべき企業の社会的責任(CSR)について考え、行動する期間とする社長メッセージを、東芝グループ従業員へ配信しました。また、12月5日の国際ボランティアデーに合わせて社会貢献一斉アクションを実施しました。
12月13日に開催したCSR大会には、東芝グループの経営幹部と労働組合代表、合わせて約680人が参加しました。当日は、CSR担当役員から、企業が取り組むべきグローバルなCSR課題、および経営刷新の取り組み状況について報告しました。また、三井物産(株)の槍田顧問による特別講演「三井物産での2つの事件を振り返って」で、同社でのコンプライアンス問題発生後、信頼回復のために実施した施策や、世の中から評価される「良い仕事」に向けた取り組みなど、今の東芝グループに必要なことや、改めて今、考えるべきことについて提言をいただきました。
東芝グループが一丸となり、すべてのステークホルダーからの信頼回復に向けて、一つひとつ全力で取り組む上で、欠かせない大切な気づきになりました。

このページのトップへ