Japan

CSR 企業の社会的責任
人と、地球の、明日のために。

CSR関連団体への参加

東芝グループは、業界団体、行政、国際機関、NGO・NPOなど、CSR関連団体への積極的な参加と連携を進めています。

東芝グループが参加している主なCSR関連団体

  • 国連グローバル・コンパクト
  • EICC (Electronics Industry Citizenship Coalition)(電子業界CSRアライアンス)
  • WBCSD(The World Business Council for Sustainable Development: 持続可能な発展のための世界経済人会議)
  • WEF(World Economic Forum:世界経済フォーラム)
  • STSフォーラム (Science and Technology in Society Forum)
  • BSR (Business for Social Responsibility) (CSRに関する国際的な非営利団体)
  • CBCC(Council for Better Corporate Citizenship:公益社団法人 企業市民協議会)

国連グローバル・コンパクトへの参加

2004年 当時の社長 岡村 正が「国連グローバル・コンパクト」に署名
2004年 当時の社長 岡村 正が「国連グローバル・コンパクト」に署名
認証書
認証書

東芝は2004年1月、国連が提唱する「人権・労働・環境」についての普遍的原則である「国連グローバル・コンパクト」に参加しました。「国連グローバル・コンパクト」は、国連のコフィー・アナン事務総長(当時)が1999年に世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で提唱した、企業による自主行動原則です。企業が事業を推進していく上で、人権、労働、環境、腐敗防止に関して、国際的に認められた規範を遵守し、社会的責任を果たしていくことが、世界の持続的発展につながっていくと考えています。

東芝は、国連グローバル・コンパクト (GC) の参加企業として、GC原則の実行状況報告「コミュニケーション・オン・プログレス (COP) 」にGRIガイドラインを活用するプロジェクトに2007年、アドバイザーとして参加しました。

年に1度COP Advanced levelを提出し、グローバル・コンパクトの10原則に向けての進展状況を明らかにしています。

国連グローバル・コンパクト「コミュニケーション・オン・プログレス (COP) 」

国連グローバル・コンパクト

「国連グローバル・コンパクト」の10原則

人権

  1. 原則1 企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重すべきである
  2. 原則2 企業は、自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである

労働

  1. 原則3 企業は、結社の自由と団体交渉の実効的な承認を支持すべきである
  2. 原則4 企業は、あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持すべきである
  3. 原則5 企業は、児童労働の実効的な廃止を支持すべきである
  4. 原則6 企業は、雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである

環境

  1. 原則7 企業は、環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持すべきである
  2. 原則8 企業は、環境に関するより大きな責任を率先して引き受けるべきである
  3. 原則9 企業は、環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである

腐敗防止

  1. 原則10 企業は、強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである

「国連グローバル・コンパクト」の10原則

注)日本語訳:国際連合広報センター

EICC(電子業界CSRアライアンス)への参加

EICC (Electronics Industry Citizenship Coalition) は、電機・電子業界のCSR団体で、サプライチェーンのCSR(労働、安全衛生、倫理、環境)の推進を目的として、2004年10月に発足し、世界で110社以上が参加しています (2017年4月現在)。東芝はグローバル・スタンダードに沿ってサプライチェーンのCSRを推進するために、2011年6月に参加しました。

EICC

EICC

WBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)への参加

WBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)

WBCSD(The World Business Council for Sustainable Development:持続可能な発展のための世界経済人会議)とは、世界企業の約200社のCEOが率いる団体で、ビジネスと社会、そして環境のために持続可能な未来をつくることを目的としています。WBCSDは、世界へ向けてのリーダーシップと効果的な提唱、さらに行動の共有により持続可能な社会のための建設的なビジネス・ソリューションを提供しています。東芝は2014年から副会長を務めています。また、Climate & Energy clusterにおけるビジネス・ソリューションであるZero Emission Citiesの共同リーダーとしてグローバルに活動し、持続可能な社会の実現に貢献することをめざしています。

WBCSD

WEF(世界経済フォーラム)への参加

WEF(World Economic Forum:世界経済フォーラム)は、世界でリーダーシップをとる企業経営者、政治指導者、学者、ジャーナリストらが一堂に会し、環境、エネルギー、健康などを含めた世界が直面する重大な課題解決について議論する国際プラットフォームです。東芝はStrategic Partner Associateとして参加し、2013年の年次総会(ダボス会議)では共同議長を務めました。現在、持続可能なインフラ整備・開発のあり方を議論する「Infrastructure & Urban Development Community」、および製造業の未来を考える「Future of Production」の幹事会社として参画しているほか、世界各地で開催される地域会合にも積極的に参加し、地域固有の課題解決に寄与しています。

世界経済フォーラム

STSフォーラムへの参加

STSフォーラム (Science and Technology in Society Forum) は、科学技術を適切に発展させていくことを目的に、科学者、政策立案者、ビジネスリーダー、ジャーナリストらが一堂に会し、科学技術と社会に関する問題を人類共通のものとして議論、意見交換するプラットフォームです。東芝は同フォーラムに2004年から参加し、カウンシルメンバーとしてフォーラムの活動の方向付けに積極的に関与しています。年次総会への出席のほか、インドやケニアなど世界各地で開催される科学技術対話会にも参加しています。

STSフォーラム

BSRへの参加

BSR (Business for Social Responsibility) は、1992年に米国で発足したCSRに関する国際的な非営利団体です。グローバルに活動する250以上の団体や企業がメンバーとして参加しており、東芝は2003年に加入しました。BSRのファシリテートによるステークホルダー・ダイアログを開催したほか、人権、サプライチェーンCSRに関するStudy Forumなどに参加しています。

BSR

BSR

CBCCへの参加

CBCC(Council for Better Corporate Citizenship:公益社団法人 企業市民協議会)は、1989年に一般社団法人 日本経済団体連合会により設立された団体で、日本企業が進出先の現地コミュニティから「良き企業市民」として受け入れられるための支援活動や、近年はCSRの推進ならびにその実践支援を行っている団体です。東芝は団体設立当初に加入し、現在は企画部会委員として活動に参画しています。

CBCC

このページのトップへ