Japan



東芝トップページ > 企業情報 > CSR > お知らせ一覧 > 第2回東芝グループCSR大会を開催

CSR 企業の社会的責任

人と、地球の、明日のために。

お知らせ

第2回東芝グループCSR大会を開催

[2006年12月15日]

東芝グループでは、本年から12月をCSR月間と定め、CSR活動の総点検を行うとともに、様々な行事を実施しています。

2006年12月15日には、東芝グループでのCSR活動の浸透と加速をはかることを目的に、第2回東芝グループCSR大会を開催しました。

大会には、東芝および東芝グループの経営幹部、各部門のCSR推進者、社会貢献推進者、労働組合幹部など約500名が出席、国内外のCSRの優れた取り組み事例の紹介や、社会貢献賞 (Toshiba ASHITA Award)の表彰式が行われました。

今年で第2回目となる社会貢献賞(Toshiba ASHITA Award)では、昨年を大幅に上回る944件の応募の中から、国内から9グループ、海外から7グループが選ばれ、社長表彰を受賞しました。

大会の締めくくりとして、西田社長から「企業が社会的責任を果たしていくことは、企業の礎ともいうべきものであり、これなくして企業の発展も成長もない。ここに出席された皆さんが、各社、各拠点、職場でリーダーシップを発揮し、社内外に見えるかたちでCSR活動を展開し、意識・風土改革をもたらすうねりを次々と作り出して欲しい。そして、躍動感あふれる東芝グループを実現し、働くことを誇りに思える会社・社会から信頼される会社にしていきたい」と訴えました。

西田社長からのメッセージの写真
西田社長からのメッセージ

社会貢献賞受賞者の写真
社会貢献賞受賞者

約500名が出席の写真
約500名が出席

東芝中国社によるCSR事例紹介の写真
東芝中国社によるCSR事例紹介


カテゴリメニュー

  • お知らせ
  • 理念・方針
  • CSR活動ハイライト報告
  • CSRパフォーマンス報告
  • エンゲージメント

関連リンク

グローバルリンク

  • CSRサイトの使い方


Copyright

東芝グループは、持続可能な地球の未来に貢献します。