Japan

お問い合わせ

English


東芝グループ社会貢献 ~人と、地球の、明日のために~

東芝グループ社会貢献一斉アクション2016

世界中の東芝グループ従業員が協力し、世界を少しでも良くするために、ひとりではできない大きな力を発揮しよう。そのような思いを胸に、東芝グループでは2014年度から毎年12月に「社会貢献一斉アクション」を行っています。2016年は、海外17か国で69件の活動に14,049名、国内では322件の活動に48,524名の従業員が参加しました。


トピックス

重点活動 フードドライブ

本年の一斉アクションの世界共通の重点活動は「フードドライブ」です。

「もったいない」を「ありがとう」に変えるチャンス

「フードドライブ」とは、まだ食べられるのに、さまざまな理由で処分されてしまう食品を、食べ物に困っている施設や人に届ける社会福祉活動であり、食品ロスの削減、資源の有効活用を目的とする経済・環境的な意義を持つ活動です。
世界では9人にひとり(約8億人)が十分な食べ物を得ることができずにいます。日本ではまだ安全に食べられるのに家庭から廃棄される食品が毎年200~300万トンある一方で、子どもの6人に1人が貧困状態にあり、食事にも不自由しています。
フードドライブは食の不均衡を解決し、「もったいない」を「ありがとう」に変えるチャンスとなります。

「フードバングかわさき」代表による説明会

「フードバングかわさき」代表による説明会を実施

欧米では定着している「フードドライブ」ですが、日本ではまだあまり知られていないため、活動の開始にあたり説明会を開催しました。11月16日の終業後に川崎スマートコミュニティーセンターに「フードバンクかわさき」の代表高橋実生氏をお招きし、表面からは見えづらい私たちの身近にある貧困の現状やフードドライブの効果などを説明していただきました。30名のグループ従業員の他、活動に賛同した野球部・ラグビー部の選手ら5名も参加し、食と心に細かな支援を担うフードバンクの役割について理解を深めました。

「フードバングかわさき」代表による説明会

ベートーベン第九コンサートでのフードドライブ

12月11日にミューザ川崎で開催された東芝フィルハーモニー管弦楽団・東芝フィルハーモニー合唱団によるベートーベン第九コンサートの来場者へ「フードドライブ」への参加を呼び掛け、会場で集まった230kg以上の食品を「フードバングかわさき」に寄贈しました。

ベートーベン第九コンサートでのフードドライブ

大きなチカラになりました

日本では、特例子会社である東芝ウィズが、従業員から提供された食品をとりまとめ、約100kgを「フードバンクかわさき」に寄贈しました。綱川社長を始め、経営幹部も多数協力しました。

東芝府中事業所では防災備蓄品で消費期限が近づいていたアルファ米、惣菜、缶入パン、水、約2500kgを「フードバンクかわさき」に寄贈しました。
海外の拠点でもアメリカ・アフリカなどの現地法人がフードドライブを実施しました。

大きなチカラになりました

おうちでビオトープ

おうちでビオトープ

誰でも気軽に参加できる生物多様性への取り組みとして、特定非営利活動法人 鶴見川流域ネットワーキング監修のもと「おうちビオトープ」を実施しました。

ビオトープの意味は「生物が暮らす場所」。キアゲハの好むパセリを従業員宅の庭やベランダで育てることで新たな生育空間を作り出し、地域の森・川・公園と各家庭を結ぶ蝶の生態系ネットワークを構築する試みです。本活動には、東京都・神奈川県在住の従業員151名が参加し、2016年11月初旬、契約農家から無農薬のパセリ苗400株が、ガイドブックとともに参加者のもとへ届けられました。

11月から翌春まではパセリの生育に従事し、株を充実させでキアゲハを迎える準備を整えましたが、気候の関係か今年は発生が遅いようで、4月に入っても目撃情報はありませでした。5月に入ってからも状況は変わらず、参加者が不安を感じ始めた5月末、府中市の参加者より待望の羽化成功の報告が寄せられました。その後は卵や幼虫が確認され、羽化情報も府中市、横浜市、鎌倉市の参加者から寄せられています。キアゲハの産卵活動は10月頃まで続くため、今後も多くのキアゲハが誕生し個体の増加への貢献と、活動を通じて環境への意識が高まることが期待されます。

横浜市で羽化に成功したキアゲハ(2016年6月撮影)
横浜市で羽化に成功したキアゲハ(2016年6月撮影)

世界各地の拠点による活動

世界地図による活動報告のメニューです。地域をクリックすると各社の活動内容がポップアップで表示されます。

日本 北米/南米 ヨーロッパ/中東/アフリカ 中国 アジア/オセアニア

ポップアップウインドウを閉じる

日本(1/4)

南相馬ソーラー・アグリパーク 植栽ボランティア
(株式会社東芝)

東京から福島を訪れた25名の従業員が、南相馬ソーラー・アグリパークで、新設されたばかりのセンターハウスの回りを彩るプランターの花の植え替えをお手伝いしました。

写真:南相馬ソーラー・アグリパーク 植栽ボランティアの様子

地域選択メニュー

日本(2/4)

おうちでビオトープ
〈株式会社東芝〉

パセリの苗を家庭で育て、キアゲハが苗に産み付ける卵をふ化させ、幼虫を育てて蝶にする活動です。地域の森・川・公園と各家庭を結ぶ蝶の生態系ネットワークを構築し、キアゲハの生息地域の拡大・個体数の増加を目指して実施しました。151名の従業員が参加して、400株を育てています。

写真:おうちでビオトープの様子

地域選択メニュー

日本(3/4)

チャリティ映画会
〈東芝手話倶楽部〉

東芝手話倶楽部有志が東芝スマートコミュニティセンターに映画監督で聴覚障がいのある今村彩子氏をお招きし、開催した上映会に75人が参加しました。同監督の映画「Start Line」を通してコミュニケーションの難しさと大切さについて考える機会となりました。収益金は神奈川県聴覚障害者連盟に寄付されます。

映画「Start Line」の写真

地域選択メニュー

日本(4/4)

浜松町ビルディングに入居している企業との合同イベント
〈株式会社東芝 本社浜松町事業所〉

社会貢献関連団体の販売会、食堂でのフェアトレードメニューの提供、ベンガル数字の教材作成ワークショップ等の浜松町ビルディングが主催する活動に参画し、ビル内の他テナントと共に販売会の支援等を行いました。

販売会の支援の写真

地域選択メニュー

北米(1/4)

フードドライブ(保存食品の収集・寄贈)
〈東芝アメリカ社〉

Food drive

ニューヨークで食事に不自由している140万人のために100ポンド(約45キロ)の食品と、30ドル(約3,500円)の寄付を行いました。

写真:東芝アメリカ社の活動の様子

地域選択メニュー

北米(2/4)

ホームレスの人々への支援活動
〈東芝アメリカ電子部品社〉

Employee donations to support local homeless shelters

本社と3つの事務所が共同で、各家庭から化粧用品、靴下、ジャケット、毛布、寝具、クリーニング用品、ギフトカードなどを、また出張の際にホテルでもらった小さなシャンプー、コンディショナー、ローションを集めて、ホームレスの人々に寄贈しました。

写真:東芝アメリカ電子部品社の活動の様子

地域選択メニュー

北米(3/4)

食品、物資、玩具の寄贈
〈東芝アメリカエナジーシステム社〉

Food, supplies and toy drive

食品や物資、及びおもちゃを2つの団体を通じて恵まれない人たちに寄贈しました。

写真:東芝アメリカエナジーシステム社の活動の様子

地域選択メニュー

北米(4/4)

幼児向けおもちゃの寄贈
〈ウェスチングハウスエレクトリックカンパニー社〉

Toys for Tots

ピッツバーグの本社を含む11の拠点で幼児向けおもちゃの寄贈のために活動を行って14,916ドルが集まり、そのお金でおもちゃと自転車220台を購入して寄贈しました。

写真:ウェスチングハウスエレクトリックカンパニー社の活動の様子

地域選択メニュー

ヨーロッパ/中東/アフリカ(1/3)

エチオピアの企業で働く人たちへのパソコン寄贈
〈東芝システム欧州社〉

Support business people in Ethiopia

古いIT機器を使わざるを得なく困っているエチオピアの企業で働く人たちのために、退職者が残していった中古パソコンを10台寄贈しました。

写真:東芝システム欧州社の活動の様子

地域選択メニュー

ヨーロッパ/中東/アフリカ(2/3)

施設にいる子どもたちへの食糧寄贈
〈東芝アフリカ社〉

Food donation to the children in an institution

南アフリカの元黒人居住区アレクサンドラにあるNGO Siyakhula Day Care Centreを従業員全員で訪問し、NGOが預かっている子どもたちに主食のミリミリ、缶詰、菓子などの食品の入ったバスケットをプレゼントしました。

写真:東芝アフリカ社の活動の様子

地域選択メニュー

ヨーロッパ/中東/アフリカ(3/3)

ホスピスにいる子どもたちへの寄付
〈東芝欧州研究所〉

Charity donation to children in a hospice

ミルトンのホスピスにいる子どもたちのために、従業員がオフィスで甘いものを食べるのを節約して、500ポンド(約73,000円)を寄付しました。

地域選択メニュー

中国(1/1)

中国東芝グループ統一活動 ~ 古着と古本の寄付
〈中国東芝グループ会社〉

貧困者の生活を支援するために、集めた古着や古本等を貧しい子どもたちが通う小学校などへNGO同心互恵を通じて寄贈しました。

写真:中国東芝グループ会社の活動の様子

地域選択メニュー

アジア(1/5)

古着の収集と寄贈
〈東芝国際調達台湾社〉

古着の収集活動を行い、恵まれない人々に寄贈しました。

写真:東芝国際調達台湾社の活動の様子

地域選択メニュー

アジア(2/5)

教育に力を入れている財団への寄付
〈ティーピーエスシー・タイ社〉

Donation to Pharadabos Foundation

地方の教育関連施設の建設をはじめとする、教育の強化支援に力を入れているPhradabos財団に寄付を行いました。

写真:ティーピーエスシー・タイ社の活動の様子

地域選択メニュー

アジア(3/5)

教育関連機器の寄贈
〈東芝アジア・パシフィック・タイ社〉

Educational Equipment Donation

地方にあるIT環境の良くない学校を対象に、教育関連機器を寄贈しました。

地域選択メニュー

アジア(4/5)

Dong Nai小児病院への寄付
〈東芝産業機器アジア社〉

Donation to Dong Nai Children Hospital

寄付されたお金は、小児病院に入院中の子どもの治療費の支援や食事提供に使われます。

写真:東芝産業機器アジア社の活動の様子

地域選択メニュー

アジア(5/5)

シンガポール植物園内でのイベント支援
〈東芝アジア・パシフィック社、シンガポール東芝グループ会社〉

Toshiba Group Companies in Singapore Partner National Parks Board and Sunbeam Place in Toshiba's "Simultaneous Social Contribution Action 2016"

ユネスコ世界遺産であるシンガポール植物園内にある10本の木を光で装飾して、福祉団体の子どもたちを招待するイベントを支援しました。

写真:東芝アジア・パシフィック社、シンガポール東芝グループ会社の活動の様子

地域選択メニュー

このページのトップへ