Japan



東芝トップページ > 企業情報 > CSR > これまでのハイライト > CSRキーパーソンインタビューI > (株)東芝 青梅事業所 PCシステム設計部

東芝CSRキーパーソンインタビュー CSRをかたちづくる視点・技術・ひと 03:ノートパソコン「dynabook」私たちのミッションは、お客様の利便と共に環境にも配慮した製品を設計することです (株)東芝 青梅事業所 PCシステム設計部 渡部英樹 東芝CSRキーパーソンインタビュー

1985年、欧州で世界初となるラップトップ型パソコンを世の中に送り出して以来、世界中のお客様にご愛用いただいている東芝のパソコン。1989年には世界初のノート型も発売し、性能、品質はもちろん、軽さ、薄さなどでも常に世界No.1に挑戦し、パソコンの歴史を刻んできました。2008年10月には国内メーカーに先駆けてネットブックも発売し、高機能製品から手軽に使える製品まで幅広いラインアップで、お客様のニーズにお応えしています。

第3回目となるCSRキーパーソンとして、ノートパソコンの開発拠点である東京都青梅市の東芝青梅事業所でパソコンの低消費電力化に挑戦するエンジニアの取り組みを紹介します。

お客様に対する責任感が、高品質な設計の出発点

初めてパソコンを手にしたのは中学生の時でした。当時は8ビットのパソコンで、両親に頼み込んで買ってもらいました。ゲームが大好きで簡単なプログラムも作ったりしていました。学生時代は、パソコンは楽しくて便利なものと考えて使っていましたが、会社に入り考えが一転しました。お客様がお金を出して自分が設計したパソコンを買っていただくことになり、責任の重大さを感じるものへと意識が変化しました。そのため、自分が設計したパソコンがお店に並んでいるのを見ると仕事の苦労も吹っ飛び、大きな達成感を感じますね。

パソコンの開発では、設計・試作が終わると量産のための認定試験をパスしなければなりません。試作機を作りいろいろな使い方を試します。その時1台でも不具合が見つかると関係者が集まり調査を始めますが、時間との勝負でもあり緊張が続きます。ホワイトボードに、不具合の原因となる可能性として挙げられる事項をすべて書き出して検証していくのです。書き出した事項が解決すれば、1項目ずつ黒く線を引いて塗りつぶしていきます。このようにして翌朝には大きなホワイトボードが真っ黒になったこともありましたね。(笑)

改善につぐ改善で、世界トップクラスの省エネを堅持

近年は、ノートパソコンの回路設計の中で消費電力の低減に取り組んでいます。2007年に発売された「dynabook SS RX1」を開発した時は、(1)最軽量(2)最薄さ(3)最長時間駆動という「3つの世界一への挑戦」が掲げられました。私が取り組んだのは、「1回の充電で世界最長時間使用できる」というテーマでした。

ノートパソコンの使用時の消費電力は数ワット程度で、蛍光灯よりも少ない電力です。そのため、省エネのターゲットは数十ミリワット単位になり、極限の挑戦となります。私は、光学ドライブや無線デバイスの電気を切るスイッチの追加や電源回路の効率改善、低消費電力ユニットの採用などの改善策を考え、それぞれの機能を担当するエンジニアに改善をお願いしました。数十cm2のプリント基板の空いているわずかなスペースに、さらに数mm2にも満たないスイッチを「これだけの省エネのために、本当につける必要があるのか」と抵抗も受けましたが、「小さな省エネの取り組みの積み重ねが数分の長時間使用につながり、それはお客様のためである」と説得し、世界No.1の長時間駆動約12時間(注1、注3)を達成しました。それ以降も省電力にこだわり、小さな改善を積み重ねています。2009年10月に発表したWindows®7を搭載した「dynabook SS RX2」(注2)では、約14時間の駆動時間(注3)を達成し、世界トップクラスを維持しています。

(注1) 1kg以下の12.1型ワイド液晶搭載のPCとして。2007年6月当時、当社調べ
(注2) dynabook RX2/T9KM, dynabook RX2/T9K
(注3) JEITA測定法Ver1.0による値

年々新製品を出すサイクルが速くなる傾向にあり大変ですが、故障しにくい高品質な設計にこだわることは、エンジニアとして当然のことで、やりがいがある仕事です。

今後も東芝のノートパソコンを世界中で使っていただくために、さらなるチャレンジを続けることを宣言します。

”50ミリワットを無駄にしない”徹底した省電力を行い、長時間駆動ノートPCを提供します 渡部英樹

高性能、高品質に加え、環境に配慮した製品を追求します

東芝グループでは、東芝グループ環境ビジョン2050を定め、製品の原材料の調達から、製造、使用、廃棄までライフサイクルを通じて、環境に配慮した取り組みを行っています。
地球温暖化防止の取り組みでは、エネルギーとエコプロダクツへの取り組みを通して2025年には年間約1億2000万トンのCO2排出削減を目指しています。冷蔵庫、液晶テレビ、エアコン、パソコンやLED照明など皆様の身近な製品の消費電力の低減はもちろん、社会のあらゆる分野で今後も地球温暖化防止に貢献していきます。

インデックスへ

CSRをかたちづくる、視点・技術・ひと

  • 07: 私たちの役割は、安全で高性能な2次電池の開発により地球環境の改善に寄与することです
  • 06: 私たちの責務は、発電に伴うCO₂を分離・回収する技術を実用化していくことです
  • 05: 私たちの目標は、病院にも患者さんにも喜んでいただける装置を生み出していくことです
  • 04: 私たちの使命は、年令や性別、ハンディキャップを超えた共通の使い心地を提供することです
  • 03: 私たちのミッションは、お客様の利便性と共に環境にも配慮した製品を設計することです
  • 02: 私たちの仕事は、徹底した品質管理を通じてお客様に感動をお届けすることです
  • 01: 私たちの任務は、社会インフラの舞台裏でお客様の安心・安全を見守ることです

関連情報



Copyright

東芝グループは、持続可能な地球の未来に貢献します。