Japan



東芝トップページ > 企業情報 > CSR > これまでのハイライト > CSRキーパーソンインタビューI > 東芝メディカルシステムズ(株) CT開発部

東芝CSRキーパーソンインタビュー CSRをかたちづくる視点・技術・ひと 05:CTスキャナ「Aquilion ONE™」 私たちの目標は、病院にも患者さんにも喜んでいただける装置を生み出していくことです 東芝メディカルシステムズ(株) CT開発部 佐渡友(さどとも)哲也 東芝CSRキーパーソンインタビュー

2007年に発売開始したCTスキャナの最高機種Aquilion ONE™(アクイリオン ワン)。わずか1回転0.35秒で心臓や脳などの臓器全体の撮影ができるようになり、撮影時間を大幅に短縮できるとともに、立体画像も撮影可能にしました。被ばくも大幅に低減でき、患者さんに苦痛や負担を与えることなく、がん、心臓病、脳卒中をはじめとした病気の早期発見を実現し、医療に貢献しています。

第5回目となるCSRキーパーソンとして、栃木県大田原市に拠点を置く東芝メディカルシステムズ(株)で、Aquilion ONE™を始めCTスキャナの設計を担当するエンジニアの取り組みを紹介します。

日々感じているのは「人の命を預かる重み」

子供の頃から、世の中に役立つモノづくりがしたいと考えていました。寝たきりの祖父母を介護する母を見て、「助けてくれるロボットがあったら良いのになあ」と感じていました。

東芝に入り、当初は金融機関向けのATM(現金自動預払機器)の設計を担当していましたが、「病気などで苦しんでいる人に直接役立つモノづくりがしたい」という夢が適い、2002年からCTの設計を担当することになりました。医療に関わる仕事に就いたことで、命を預かっているという重みを励みに仕事をするようになりました。

『画像診断の世界が拡がる』と、医療の現場が評価

CTのX線を照射する部分を担当し、その後CT本体の機構設計の取りまとめへと仕事が広がっていきました。2004年以降2007年の発売まで、医療関係者から「世界を変えた装置」という評価を戴いたAquilion ONE™の開発に関わりました。

Aquilion ONE™は、従来できなかった診断を可能にするすばらしい製品です。実は社外はもちろん、社内においても極秘で開発していたのですが、「完成したら、必ず世の中にインパクトを与える製品になる」と確信し、大きなやりがいを感じながら仕事をしていました。

Aquilion ONE™の素晴らしさは、たくさんありますが、主なものを紹介したいと思います。

まず第一に、脳梗塞や心筋梗塞の治療など一刻を争う緊急医療に大きな効果を発揮することです。1回転わずか0.35秒で心臓や脳の全体を一度に撮影することができ、撮影時間が大幅に短くなり、すぐさま治療に結びつけることで、多くの命を救うことができると考えています。

一瞬で撮影するため、特に体をじっとすることができない赤ちゃんや息止めすることが難しいご高齢の方の診断にも大きな力を発揮します。また、広範囲撮影が可能となったことで撮影時のX線による被ばく量も少なくなり、患者さんへの負担が軽減され、医療の現場から大変喜ばれています。

患者さんの立場で取り組んだ、受診ストレスの低減

開発過程で苦労したのは、約1トンもあるユニットを1回転0.35秒という高速で、しかも低騒音、低振動で回転させることです。さまざまな部品を組み合わせているために、バランスをとるのが難しく、高速回転のため風を切る耳障りな大きな音が発生します。病気に不安を感じている患者さんは、非常に敏感になっています。この音や振動をできる限りなくし、安心して受診していただけるように努力しました。使っていただいた病院の方々や患者さんの喜んでいただける声を聞いたときは、大変な達成感を感じました。もちろん、この世界最高水準のCTは、私個人の力だけで開発できたわけではありません。CTに関わる多数のエンジニアをはじめとした医療事業部門、東芝の研究開発センターや生産技術センターの総合力と熱意の結晶です。今後は、さらに小さな病気も発見できるように高画質化を目指すとともに、通常の定期健診にも簡単に使えるCTを開発し、さらに多くの人々の健康に役立つ製品を設計したいと思います。

最後に私の誓いを宣言します。

患者さんと操作者への負担が少なく、安心して検査のできる医療機器の開発をします。 佐渡友哲也

医療を通じて社会に貢献することが使命です

東芝メディカルシステムズは、「健康と尊い命を守る医療に貢献する」、「高品質で信頼性のある『商品』と適切な『サービス』を提供する」、「お客様と共に歩み、成長していく企業を目指す」という3つの経営理念を掲げています。医療を通じて社会に貢献することが使命であり、事業推進そのものがCSRであると考えています。世界中の人々が健康に暮らせるよう、最先端の医療システムを広く世界中に普及させていくことを強い使命とし、事業を推進していきます。

インデックスへ

CSRをかたちづくる、視点・技術・ひと

  • 07: 私たちの役割は、安全で高性能な2次電池の開発により地球環境の改善に寄与することです
  • 06: 私たちの責務は、発電に伴うCO₂を分離・回収する技術を実用化していくことです
  • 05: 私たちの目標は、病院にも患者さんにも喜んでいただける装置を生み出していくことです
  • 04: 私たちの使命は、年令や性別、ハンディキャップを超えた共通の使い心地を提供することです
  • 03: 私たちのミッションは、お客様の利便性と共に環境にも配慮した製品を設計することです
  • 02: 私たちの仕事は、徹底した品質管理を通じてお客様に感動をお届けすることです
  • 01: 私たちの任務は、社会インフラの舞台裏でお客様の安心・安全を見守ることです

関連情報



Copyright

東芝グループは、持続可能な地球の未来に貢献します。